山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

おかやま国際音楽祭25日開幕 まちに彩り 26会場46イベント

おかやま国際音楽祭25日開幕 まちに彩り 26会場46イベント
 岡山の秋を彩る音楽の祭典「おかやま国際音楽祭2021」(岡山市、実行委、公益財団法人・岡山文化芸術創造主催)が25日開幕する。10月31日までの期間中、市内26会場で多彩なアーティストによる46のイベントが繰り広げられる。

 初日は、JR岡山駅西口リットシティビルひかりの広場でオープニングコンサートを開催。「ブルゾンちえみ」として人気を博した藤原しおりさんが総合司会を務め、岡山フィルハーモニック管弦楽団弦楽四重奏らの演奏が開幕に花を添える。当日会場で整理券を配る。

 27日に始まる「街角散歩コンサート」(全11回)は市中心部の商業施設、文化施設などで洋楽、日本歌曲といったバラエティー豊かな公演を予定。10月8、21日にはルネスホールで、倉敷市出身のバイオリニスト黒川侑さんら岡山ゆかりの演奏家が出演するスペシャルコンサートがある。

 最終日の「ファイナルコンサート」は岡山シンフォニーホールであり、最先端のキーボードを操るパフォーマー薮井佑介さん=岡山市出身=がフィナーレを飾る。地域からアーティストを発掘するコンテスト「エンターテイメントチャレンジ+(プラス)」の決勝大会も、山陽新聞社さん太ホールで開かれる。

 いずれも新型コロナウイルス対策を講じて実施。一部のイベントは有料で、申し込みが必要な場合もある。感染拡大に伴い、岡山神社音楽祭(同3日)が中止となり、今後も状況によって中止や変更があり得る。総合パンフレットは主な市有施設で配布中。特設ホームページでもイベント情報を確認できる。

 音楽祭は2007年から毎年開かれ、15回目。問い合わせは実行委事務局(086―224―1950)。

(2021年09月21日 09時46分 更新)

【おでかけ】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ