山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

GWのハートランド倉敷中止 2年連続、新型コロナ感染拡大

瀬戸の花嫁を乗せて倉敷川を進む小舟=2019年5月
瀬戸の花嫁を乗せて倉敷川を進む小舟=2019年5月
 倉敷市は23日、美観地区一帯で30日~5月5日に開催予定だった「くらしき藤物語 第40回ハートランド倉敷」を中止すると発表した。

 市内で新型コロナウイルス感染が拡大しているとともに、東京や大阪で緊急事態宣言の発令が見込まれる状況を踏まえ、市や岡山県、山陽新聞社などで構成する実行委が決めた。中止は昨年に続き2年連続。

 ハートランドはゴールデンウイークに開かれる恒例の観光イベント。美観地区を流れる倉敷川で優雅な嫁入りを表現した「瀬戸の花嫁川舟流し」や、あでやかな衣装をまとった「くらしき藤娘」の撮影会などが人気となっている。

 今年は感染症対策として、川舟流しや地元中・高校吹奏楽部のパレードなどを取りやめ、スタンプラリーや音楽ライブといった催しを、規模を縮小して実施する予定だった。

 同市は、市役所と美観地区を結ぶ無料のシャトルバスの運行も29日から中止する。

(2021年04月23日 11時56分 更新)

【おでかけ】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ