山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

紅茶やスイーツで優雅な時を 20日から倉敷で催し 23店参加

和の趣を取り入れた日本料理「倉敷」のメニュー(2人前)
和の趣を取り入れた日本料理「倉敷」のメニュー(2人前)
 紅茶やスイーツを楽しむ英国の習慣にちなんだイベント「倉敷アフタヌーンティー」が、20日から市内のカフェなどで始まる。民間運営になって初の開催。岡山県産の桃やブドウを使った多彩なメニューで夏の午後を優雅に過ごしてもらう。9月30日まで。

 市内23店が参加。初出店の倉敷ロイヤルアートホテル(同市阿知)内の日本料理「倉敷」は出来たてのくず餅、抹茶ケーキ、アナゴの押しずしなどのメニュー(2970円)を用意。当初から参加するkoba(コバ)coffee(コーヒー)(同市本町)は桃やブドウを使ったミニタルトやゼリー、カットフルーツなど果物盛りだくさんの料理(2750円)でもてなす。

 予約制で料金は1650~5700円。公式ホームページで、各店のメニューや予約方法を紹介している。

 イベントは倉敷観光コンベンションビューローなどが2015年に開始。19年度冬季で終了予定だったが、惜しむ声を受けて参加店有志が実行委を立ち上げ、資金を募って存続させた。委員長の森田美紀さん(31)は「コロナ禍で大変な時に温かい支援をいただき感謝しかない。心もおなかも満足してもらえるよう精いっぱいもてなしたい」と話す。

 インスタグラムやツイッターで「♯倉敷アフタヌーンティー」「♯倉敷フルーツ部」とタグ付けし、写真を投稿するフォトコンテストもあり、抽選でプレゼントが当たる。

参加店一覧

 【美観地区周辺】いがらしゆみこ美術館カフェプリンセス、倉敷アイビースクエア・レストラン蔦、廣榮堂倉敷雄鶏店、The華紋、kobacoffee(本町)くらしき桃子総本店、倉敷国際ホテル・ウイステリア、キャンドル卓渡邉邸(中央)倉敷ロイヤルアートホテル・レストラン「八間蔵」、日本料理「倉敷」(阿知)【中庄地区】caf〓 dining Ospitare(中庄)mar_go cafe(松島)【児島地区】Happy supply cafe spica(児島駅前)せとうち児島ホテルPort blanc(下津井吹上)倉敷シーサイドホテル(児島塩生)【玉島地区】庭園旅館備後屋(玉島阿賀崎)空と花の丘菜園カフェぱんご~の(玉島道口)mug(玉島爪崎)【その他地区】倉敷老松三丁目caf〓庭(老松町)Cafe Haruta(水江)72cafe(新田)QINOCO―キノコ―(川入)EYOHAKU―ヨハク―(羽島)

〓は「e」の上に「′」

(2020年07月11日 12時09分 更新)

【おでかけ】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ