山陽新聞デジタル|さんデジ

絵本作家 葉祥明―風景に託すはるかな想い―

  • 絵本「きみに聞いてほしい」より(徳間書店、2016年、水彩)

    絵本「きみに聞いてほしい」より(徳間書店、2016年、水彩)

  • ▼開催期間
    2021年3月20日〜2021年5月9日

    絵本作家・葉祥明さんは、故やなせたかしさん責任編集の月刊誌「詩とメルヘン」などで活躍し、サンリオの文房具や生活用品に多くのイラストが使われるなど、幻想的な情景を描いた風景画で人気を博した。近年では、対人地雷や海洋汚染など社会・環境問題をテーマにした絵本も制作。本展では、絵本原画に初公開作を含む油彩を加えた約130点を紹介し、半世紀近くにおよぶ画業の全貌に迫る。月曜休館(ただし5月3日は開館し、6日休館)。

    詳細情報

    場所 笠岡市立竹喬美術館
    住所 笠岡市六番町
    料金 前売り券(一般のみ)600円▽当日券=一般800円、高校生以下無料。笠岡市在住の65歳以上無料、同市外在住の65歳以上650円

他にもこんなイベント

  • 雪舟と玉堂―ふたりの里帰り
    雪舟と玉堂―ふたりの里帰り
    岡山県立美術館
    2021年2月10日~2021年3月14日
    室町水墨画を大成し、画聖と呼ばれる雪舟(総社市出身、1420-1506?年)が生誕600年、江戸時代の文人画家浦上玉堂(岡山市出身、1745-1820年)が没後200年を迎えた節目を記...⇒続きを見る
  • 姫君のお道具と雛祭展
    姫君のお道具と雛祭展
    岡山・吉兆庵美術館
    2021年2月9日~2021年4月4日
    江戸時代から昭和初期のひな人形やきらびやかな道具類計約110点を展示。丸顔に「く」の字形の鼻や細い目が特徴の次郎左衛門雛や江戸中期に作られた元禄雛、徳川家伝来の御所人形など約70点の人...⇒続きを見る
  • 展覧会「築山弘毅展 INDEX」
    展覧会「築山弘毅展 INDEX」
    勝央美術文学館
    2021年2月20日~2021年3月21日
    画家の築山弘毅さん=津山市=が、為替や株式相場の変動とそこに投影される人々の心理に迫るアート作品13点を展示。ゲストアーティストとして、写真家小林正秀さん=美作市、高梁市成羽美術館学芸...⇒続きを見る
  • 工房イクコのお雛さま展
    工房イクコのお雛さま展
    ギャラリー・工房Ikuko
    2021年2月27日~2021年3月7日
    全国から集めた江戸から現代までのひな人形200点以上を展覧。江戸時代のひな人形は、お内裏さまとかごに入ったおひなさまに三人官女や五人囃子(ばやし)が寄り添い、風格ある雰囲気を醸している。⇒続きを見る
  • 身近な植物標本展vol.2
    身近な植物標本展vol.2
    クレド岡山1階douce
    2021年2月19日~2021年3月7日
    身近な植物を使って額入りの標本などを作る三宅淳子さん(倉敷市)が、オオイヌノフグリやナズナ、ハハコグサなどをあしらった作品約60点を出品する。⇒続きを見る

関連スポット

  • 笠岡市立竹喬美術館
    笠岡市立竹喬美術館
    笠岡市出身の日本画家小野竹喬(おのちっきょう)をたたえ、その功績を後世に伝えるために昭和57年(1982)2月に創設され、同年10月に開館しました。建設に対しては遺族から多くの遺作が寄贈されまし...
    ⇒続きを見る

周辺の観光スポット

笠岡市立竹喬美術館
笠岡市立竹喬美術館
笠岡市出身の日本画家小野竹喬(おのちっきょう)をたたえ、その功績...
(歴史・文化/笠岡市)
しまのこし
六島のヒジキ、真鍋島のワカメなど各島の特産品を取り揃えた物販スペ...
(道の駅・案内所等/笠岡市)
ワコーミュージアム
ワコーミュージアム
笠岡ゆかりの芸術家の日本画、洋画、陶芸、木工、彫刻、書を展示して...
(歴史・文化/笠岡市)
笠岡市民体育センター
アリーナ、格技室、談話室、多目的室があります。
(スポーツ/笠岡市)

周辺のグルメスポット

岡山屋
岡山屋
小さなころからうどんで育ったという讃岐生まれの主人の麺は本場の味...
(うどん・そば・丼/笠岡市)

あなたにおすすめ

ページトップへ