山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山発映画ニュース

「あの日のオルガン」無料上映会 10日真備、豪雨復興を支援

復興支援で無料上映される「あの日のオルガン」のちらし
復興支援で無料上映される「あの日のオルガン」のちらし
 倉敷市出身の平松恵美子監督による映画「あの日のオルガン」の無料上映会が10日、同市立薗小(同市真備町市場)で開かれる。昨年の西日本豪雨からの復興支援で、実行委は「映画の力で被災地に元気を届けたい」と参加者を募っている。

 映画は太平洋戦争末期の東京で、保育所の若い保母たちが自力で園児と疎開し、東京大空襲を逃れた実話が基で、今年公開された話題作。「困難から立ち上がる姿が真備町地区と重なる。子どもたちに見てほしい」と、平松監督や復興支援活動を行う住民グループなどが実行委を立ち上げ、開催する。

 上映会は2部制で、第1部(午前10時)は映画のみ。メインの第2部(午後2時半)は上映後、平松監督らのトークセッション、主題歌を担当する歌手兼医師アン・サリーさんのミニライブがある。

 実行委の山下陽子事務局長は「希望と勇気を与えてくれる映画。より多くの人と感動を共有したい」と話す。

 所定の用紙かメール、ウェブサイト、ファクスのいずれかで申し込む。問い合わせは実行委事務局(090―8996―3246)。

(2019年08月06日 13時12分 更新)

【岡山発映画ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ