山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山発映画ニュース

松下奈緒さんら林野高を訪問 映画ロケ地、生徒と交流イベント

映画への思いなどを語る松下さん(左)と大谷監督
映画への思いなどを語る松下さん(左)と大谷監督
 美作、津山市でロケが行われている映画「美作物語~風を奏でる君へ~(仮題)」で主演を務める松下奈緒さんと、大谷健太郎監督(56)=美作市出身=が25日、ロケ地の一つである林野高(同市三倉田)を訪問。生徒との交流イベントに臨み、美作の魅力や映画への意気込みを語った。

 全校生徒ら約350人が体育館で2人を出迎えた。松下さんは「美作は自然がとても豊か。映画によってこの地の魅力が全国に伝わればうれしい」と話した。生徒に対しては「自分のやりたいことや好きなことを早く見つけてほしい」と呼び掛けた。

 同高OBである大谷監督は「卒業すれば地元を離れる人もいるだろうが、いずれ古里の大切さを思い返すときが来る。皆さんの世代にも美作の良さに気付いてもらえるような映画にしたい」と意気込みを語った。

 映画は同市在住の作家あさのあつこさんの小説「透き通った風が吹いて」が原案。東京でピアニストを目指していた女性が、美作市で茶栽培に励む元恋人を訪ね、その弟を含めた3人の心模様を描く物語で、撮影は20日にスタート。美作、津山市で5月1日までロケを行い、来年の全国公開を予定している。

 この日、松下さんと大谷監督は萩原誠司美作市長も表敬訪問した。

(2022年04月25日 21時10分 更新)

【岡山発映画ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ