山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山発映画ニュース

児島霊場遍路を映画に 桑田さん来秋上映 CFで資金募る

映画製作に向け、遍路姿でCFへの協力を呼び掛ける桑田さん
映画製作に向け、遍路姿でCFへの協力を呼び掛ける桑田さん
 倉敷市児島地区のPRに向け映画製作を続ける美容院経営桑田浩一さん(51)=同市=が、第4弾の製作に向けクラウドファンディング(CF)で資金を集めている。今春完成の前作に続き、岡山県南端の児島半島に点在する児島霊場が舞台で「よりクオリティーの高い映像を目指す」と協力を呼び掛けている。

 新作「ちゃりへん♪」は桑田さんが脚本と監督を務め、児島地区の寺院の息子を主人公に設定。幼なじみの少女の病気回復を願い、愛犬と一緒に岡山、倉敷、玉野市にある霊場を一番札所から順打ちで「自転車遍路」する様子を描く。

 計画では来年1月、出演者オーディションを行う。県内在住の男性タレントも起用予定で、3月から玉野市をメインに霊場の寺院や風光明媚(めいび)な海辺の風景を撮影。約80分間にまとめ、10月に児島地区で初上映する。

 CFは山陽新聞社や中国銀行などが運営する「晴れ!フレ!岡山」のサービスを通じ、200万円を目標に12月30日まで募集。支援額に応じ、映画招待券や作品のDVD、エキストラとしての出演権などを贈る。

 児島地区出身の桑田さんは、これまでに「かみいさん!」(2018年)、「ももの姫伝説 Shimotsui」(20年)を発表。前作の「石だん」は同じCFを活用して作り、県内外で上映中。「前作と同様、児島霊場の魅力を伝え、絆や人情の大切さを表現したい」と話す。

 詳細、支援は専用サイト(https://readyfor.jp/projects/kojima)。

(2021年11月09日 18時35分 更新)

【岡山発映画ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ