山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山発映画ニュース

JFCアワード優秀賞に県協議会 映画「名も無き世界の…」評価

総社市で撮影された「名も無き世界のエンドロール」の一場面((C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会)
総社市で撮影された「名も無き世界のエンドロール」の一場面((C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会)
 映画やドラマの撮影支援などに取り組む団体を表彰する「第7回JFCアワード」が16日発表され、岡山県フィルムコミッション(FC)協議会が優秀賞に選ばれた。2019年に県内でロケがあった映画「名も無き世界のエンドロール」でのサポートが評価された。

 同アワードは、全国約150のFCなどが加盟するNPO法人ジャパン・フィルムコミッション(東京)が毎年開催。今回は20年度公開作品を対象に、応募のあった19件を審査した。

 「名も無き―」は、幼なじみ2人が表と裏の社会でのし上がり、壮大な復讐劇を行うというストーリー。県内では総社、岡山市でロケを実施。重要場面となる総社市の交差点の撮影では、道路封鎖のため同協議会が住民説明会を開き、県警に信号操作の協力を仰いだほか、撮影隊への炊き出しも行った。

 審査員からは「県警や地域を巻き込みしっかりと準備を行った。日頃の活動の積み重ねがうかがえる」などと評価された。同協議会は「地元の協力のおかげ。今後も岡山からたくさんの作品を発信していきたい」としている。

 同協議会は、第4回アワード(18年)でも映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の支援で最優秀賞に輝いている。

(2021年07月16日 20時01分 更新)

【岡山発映画ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ