山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山発映画ニュース

「岡山の魅力たくさん」の映画 主演の福本さん、会見でアピール

映画「しあわせのマスカット」をPRする(左から)中河内さん、福本さん、竹中さん、長谷川さん=東京
映画「しあわせのマスカット」をPRする(左から)中河内さん、福本さん、竹中さん、長谷川さん=東京
 岡山特産のマスカットの和菓子を題材にした映画「しあわせのマスカット」(5月14日公開)の完成発表記者会見が22日、東京都内であり、主演の福本莉子さんが「岡山の魅力、和菓子の魅力がたくさん詰まっている」とアピールした。

 単独での初主演映画となる福本さんは岡山、総社、倉敷市で行われたロケを「現場で『晴れの国』といわれていると知った。本当に天気も良く、自然に癒やされながら撮影できた」と振り返った。姉役の本仮屋ユイカさんとの倉敷でのシーンが特に印象深いとし「観光している気分で楽しかった」と話した。

 共演者も出席し、竹中直人さんは「岡山の人たちは優しく、ゆったりとした時間を過ごせた。また行きたいな」、長谷川初範さんは「主人公が一生懸命に頑張っている。明るく元気に前向きになれる」とPR。中河内雅貴さん(広島県出身)は新型コロナウイルス禍を踏まえ「大変な世の中だけど、心温まるすてきな映画で癒やしの時間を過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 映画は和菓子販売・宗家源吉兆庵の全面協力で製作された。マスカット1粒を丸ごと求肥(ぎゅうひ)で包んだ同社の看板商品「陸乃宝珠(りくのほうじゅ)」に感銘を受けて入社した女性が、菓子作りに奮闘する姿を描く。コロナの影響で昨年の公開予定が延期された。

(2021年04月22日 18時43分 更新)

【岡山発映画ニュース】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ