山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ禍の岡山 1年の動き

感染確認数(2020年3月22日~)

新型コロナウイルスの感染が岡山県内で初めて確認されてから3月22日で1年。感染予防のため、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保、会食の自粛など、新たな生活様式がスタンダードになった。コロナ禍によって社会が激変したこの1年を振り返る。
>>新型コロナ 岡山のニュースはこちら
2020年1月
  • 下旬  ・県内のドラッグストアなどでマスク品薄
    30日 ・県が新型コロナウイルス対策本部を設置

  • 欠品も出始めているドラッグストアのマスク販売コーナー=1月29日、金光薬品さんすて倉敷店
2月
  • 26日 ・県内でイベント中止相次ぐ
    27日 ・岡山大やノートルダム清心女子大などで卒業式中止
3月
  •  2日 ・文部科学省の要請に沿って、県内のほとんどの小中高校と特別支援学校が臨時休校
     6日 ・倉敷市在住の60代男性会社員が帰省先の高知県で感染を確認。県内在住者では初
    11日 ・倉敷商が出場予定だった、選抜高校野球大会の中止決定
    18日 ・岡山大などで入学式中止。トマト銀行やベネッセHDなど企業の入社式中止が相次ぐ
    22日 ・県内で感染初確認 岡山市の60代女性
    24日 ・東京オリンピックの延期決定
4月
  •  2日 ・三菱自動車が水島製作所(倉敷市)など全ての国内工場で自動車生産の一時停止を発表
     7日 ・首相は東京、大阪など7都府県を対象に初の緊急事態を宣言
        ・臨時休校、春休みを経て岡山市立小中学校が始業式。緊急事態宣言の全国拡大を受けて21日には再び休校に
    13日 ・伊原木県知事が接客を伴う飲食店への外出自粛を要請
    15日 ・JFE西日本が倉敷地区の高炉1基休止発表
    16日 ・緊急事態宣言対象地域が全都道府県に拡大
    20日 ・岡山後楽園が臨時休園。25日からは県立美術館なども
    22日 ・天満屋岡山店と岡山高島屋が食品フロアを除き臨時休業。天満屋倉敷店・津山店は同日から全館臨時休業した
    24日 ・県知事がパチンコ店や県外客が多い宿泊施設などに対し営業自粛を要請
        ・県北で初のコロナ感染確認。津山市内の50代女性
    26日 ・全国高校総体(インターハイ)の中止決まる
    28日 ・県が高速道路インターチェンジを閉鎖するよう管理会社に要請

  • 照明が抑えられ、静まり返ったイオンモール岡山の専門店街=4月18日午前11時10分
5月
  •  5日 ・全都道府県を対象とした緊急事態宣言の延長決まる
     7日 ・県が7日以降の外出自粛要請緩和
        ・岡山桃太郎空港が開港以来初の定期便全休
        ・総社市を皮切りに「特別定額給付金」10万円の支給始まる
    11日 ・天満屋岡山店、岡山高島屋が営業再開
        ・利用停止していた県総合グラウンドなど県有施設を順次再開
        ・県高体連が第59回県高校総体を中止すると発表
    14日 ・県など39県で緊急事態宣言解除
    15日 ・岡山市内でサプライズ花火。以降各地でも実施相次ぐ
    20日 ・津山市立の全35小中学校が1カ月ぶりに授業を再開
    21日 ・岡山、倉敷市など県内6市1町の小中学校が再開
        ・県内1人目の感染者が判明した3月22日以降、入院者が初めてゼロに
    22日 ・県教委が県立中高の夏休みを43日間から9日間に短縮すると発表
        ・中四国百貨店の4月売上高63%減 過去最大
    23日 ・政府の布マスク、県内で配送開始
    下旬  ・県内の海水浴場の開場中止決定相次ぐ
  • 県内の大型小売店販売動向
    出典:中国経済産業局


    定期便が全て運休となり、閑散とした岡山桃太郎空港=5月7日
6月
  •  1日 ・県立高校の授業が再開
        ・岡山桃太郎空港の東京便が一部再開
    19日 ・県が外出を原則自由に
    27日 ・無観客でJ2再開。ファジアーノ岡山はホームで山口と引き分け
7月
  •  3日 ・県民向けの宿泊クーポン発行
     4日 ・県高校総体の代替大会スタート
    10日 ・Jリーグとプロ野球が観戦解禁。Jリーグでは全国の先陣を切って唯一ファジアーノ岡山―北九州戦が行われた。0―2で敗戦
    16日 ・観光支援事業「Go To トラベル」で東京発着除外が決定
    18日 ・全国高校野球選手権岡山大会の代替として、県高野連が開催する独自大会「夏季県高校野球大会」が開幕
    19日 ・県内初のクラスター(岡山市の飲食店)
    22日 ・「Go To トラベル」スタート
    26日 ・軽症・無症状者の宿泊療養先として「アパホテル岡山駅前」(岡山市)の運用を2日前倒しで開始
    27日 ・岸本整形外科医院(真庭市)が倒産 医療機関で全国初
    28日 ・岡山市が8月1日からの「宿泊クーポン」事業の延期発表
    30日 ・県が8月から「接待伴う飲食店」利用自粛を要請
        ・県、岡山市、県警の3者が合同で接待を伴う飲食店に立ち入り調査
    下旬  ・県内20市町で小中学校の夏休みを短縮
  • 主要観光施設利用者数
    岡山県・山陽新聞社調べ
8月
  •  1日 ・岡山市がスマホ決済「ポイント還元キャンペーン」開始
    15日 ・2020年甲子園高校野球交流試合で倉敷商が仙台育英(宮城)に6―1で勝利
    24日 ・PCR検査1日700件可能に
    30日 ・岡山市で感染男性死亡。県内初の死者

  • 仙台育英に快勝し、笑顔で整列に向かう倉敷商ナイン=8月15日、甲子園
9月
  •  1日 ・倉敷市がスマホ決済「ポイント還元キャンペーン」開始
    14日 ・県と岡山市が観光需要喚起の宿泊クーポン事業スタート
10月
  • 21日 ・「Go To イート」で県内の飲食店で使えるプレミアム付き食事券の販売スタート
    29日 ・新型コロナを原因とする県内初の死者

  • プレミアム付き食事券を受け取る買い物客(左)=10月21日、岡山高島屋
11月
  •  4日 ・美作高(津山市)で初の学校クラスター
    10日 ・感染者の死亡が10人に
    17日 ・県内の感染者が400人超える
    23日 ・県内の感染者が500人超える
12月
  •  1日 ・岡山市のスマートフォン決済還元キャンペーン第2弾スタート
        ・県内感染者が600人超える
     2日 ・岡山市がホストクラブ従業員へ無償PCR検査実施を表明
    10日 ・県内の感染者が700人超える
    11日 ・倉敷市で初のクラスター
    13日 ・県内の感染者が800人超える
    15日 ・岡山大で医療従事者が感染 50件の手術すべて中止に
    18日 ・県内の感染者が900人超える
    20日 ・県内感染者が1000人超える。一日の感染者が初の100人超え
    21日 ・知事が県独自の「医療非常事態」を宣言
    28日 ・来年1月11日まで「Go To イート」一時停止

  • 「医療非常事態」を宣言する伊原木知事(右)と松山県医師会長=12月21日
2021年1月
  •  4日 ・岡山、倉敷、高梁市、勝央、奈義町が10日の成人式見合わせ
     8日 ・1都3県で緊急事態宣言
    13日 ・栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の計7府県を緊急事態宣言対象地域に追加
    15日 ・県内感染者が2000人超える。県は中国地方初の「ステージ3(感染急増)」に該当すると発表
    16日 ・岡山市で累計患者数が1000人超える
    27日 ・県内死者が20人に
2月
  •  2日 ・栃木県を除く10都府県で緊急事態宣言を3月7日まで延長すると発表
     5日 ・県が「ステージ3」から「ステージ2(漸増)」に1段階引き下げ
    12日 ・県が医療非常事態宣言を解除 感染状況は「ステージ2」維持
    18日 ・岡山労災病院で県内初のワクチン接種
        ・県は県内在住の2人が変異株に感染していたと発表
        ・県内死者が30人に
    25日 ・115日ぶり県内感染確認ゼロ
    27日 ・県が「ステージ2」から「ステージ1(散発)」に改善したと表明

  • 新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける岡山労災病院の医療従事者=2月18日
3月
  •  1日 ・岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県で緊急事態宣言解除
     5日 ・首都圏1都3県で緊急事態宣言を7日の期限から21日まで再延長すると決定
     8日 ・「Go To イート」食事券の新規販売再開
    16日 ・県が飲食店などに最大40万円を支給する独自支援制度創設を表明
    22日 ・約2カ月半ぶりに緊急事態宣言全面解除
ページトップへ