山陽新聞デジタル|さんデジ

コラム

  • 滴一滴
    滴一滴 もっと見る
    山陽新聞朝刊一面に掲載しているコラム。国内外の重大ニュースから身近な話題までの幅広いテーマから、社会の“今”を切り取ります。
  • 「まばゆい小麦の若芽が一面に広…
     「まばゆい小麦の若芽が一面に広がる。鳥たちが舞い、水辺の草地で羊たちが憩う。ここが本当に何もない砂漠だったのか、キツネにつままれたようだ」。8年前の本紙に載った医師中村哲さんのエッセーの冒頭である▼アフガニスタンで農業支援などに取り組んできた。25キロに及ぶかんがい用水路...続きを見る
  • 社説
    社説 もっと見る
    国内外の注目ニュースの背景事情や課題について詳しく解説するとともに、山陽新聞社としての主張や考え方を述べています。
  • 中村哲さん殺害 決して許されない蛮行だ
     「貧しい人たちのために命懸けで活動していた。日本人にとって『救い』のような存在だった」。一緒に本を制作し、講演するなど親交のあったノンフィクション作家沢地久枝さんが共同通信の取材にそう悼んでいる。  おととい、アフガニスタンで殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「...続きを見る
  • 地域派弁護士 南へ北へ
    地域派弁護士 南へ北へ もっと見る
    「弁護士」「公益財団法人代表理事」…さまざまな“顔”を持つ大山知康さんが、生活に役立つ法律情報や現行法の課題、被災者支援制度などを分かりやすく伝えます。
  • 被災高齢者向けリバースモーゲージ 自宅再建の切り札
    被災高齢者向けリバースモーゲージ 自宅再建の切り札
     2018年7月の西日本豪雨において、自宅再建の相談は若い世代だけでなく高齢の方からも多くお受けしています。今年10月の台風19号でもおそらく高齢の方からの自宅再建の相談はこれから増えてくることと思います。  若い世代では、住宅ローンが残っていて新たなローンが組めずに...続きを見る
  • 岡山発 夫婦で世界一周!
    岡山発 夫婦で世界一周! もっと見る
    1年5カ月にわたる世界旅行での出会いや発見、各国の暮らしなどを、ともに岡山県出身の武田悠佑さん、小倉恵美さん夫妻が紹介します。世界各地で撮影した写真も必見。
  • 働き方と店舗営業時間の関係性 海外では特殊だった「24時間」
    働き方と店舗営業時間の関係性 海外では特殊だった「24時間」
     先日、コンビニ大手のファミリーマートが深夜休業を認めると発表したことで、コンビニ大手の時短営業容認方針が出そろいました。平成生まれの私は、物心ついた頃から「コンビニ=24時間営業」でしたし、先進国では24時間営業や、深夜までお店が開いているのが普通だと思っていました。しか...続きを見る
  • 多賀公人の人生のキーワード
    多賀公人の人生のキーワード もっと見る
    コミュニケーションコンサルタントでMBAを持つフリーアナウンサーの多賀公人さんが、放送局時代の体験を振り返りながら、中高年のキャリア形成や生き方についてつづります。
  • 考える野球と感謝する気持ち 選抜優勝校監督からの教え
    考える野球と感謝する気持ち 選抜優勝校監督からの教え
     長年マスコミの世界にいると、忘れられないシーンがいくつもあります。特にスポーツ実況や取材は、しっかりと準備をして望んでも、筋書きがないので、なおさらその結果に感動し、強烈な記憶として残っていきます。ハニカミ王子こと石川遼プロの男子ツアーでの優勝や、ボクシングの世界タイトル...続きを見る
  • 英田上山棚田団通信
    英田上山棚田団通信 もっと見る
    美作市上山地区で中山間地域の活性化策を模索するNPO法人上山棚田団。理事を務める梅谷真慈さんらが、日々の活動を中心にした現地リポートをお届けします。
  • 学生インターンから学んだこと 刺激もらってさらに励みたい
    学生インターンから学んだこと 刺激もらってさらに励みたい
     前回のコラムでご紹介した通り、美作市の上山棚田で暮らす梅谷家では学生インターンの受け入れを始めました。私自身も学生時代に多くの場所で経験を踏ませてもらいました。地域での暮らしに興味を持つ学生に価値ある体験を提供できればと思っています。夏から秋にかけて学生二人を迎えました。...続きを見る
  • 瀬戸内釣り日誌
    瀬戸内釣り日誌 もっと見る
    週末ごとに瀬戸内海周辺で釣行を楽しむ釣り愛好クラブ「愛潮」メンバー・兼松朋弘さんと河原継弘さんらの釣果報告です。
  • チヌ5匹10キロ超えで優勝 MFG中国懇親チヌ釣り大会
    チヌ5匹10キロ超えで優勝 MFG中国懇親チヌ釣り大会
     11月も半ばを過ぎると寒さが身に染みるようになりました。でも、そんな寒さを吹っ飛ばすような快挙を達成したのでここでご報告させていただきます。17日に鳥取県の境水道で行われたMFG(マルキユーファングループ)中国懇親チヌ釣り大会で、全国大会への切符を手にしました。  ...続きを見る
  • 蜂谷秀人の写真雑記帳
    蜂谷秀人の写真雑記帳 もっと見る
    フリーランスカメラマンでファジアーノ岡山オフィシャルカメラマンの蜂谷秀人さんが、デジタル時代の撮影テクニックや写真のイロハを伝授します。
  • コンプリート・ザ・日本三名園 大名庭園らしい後楽園
    コンプリート・ザ・日本三名園 大名庭園らしい後楽園
     いよいよ師走。毎年思うことですが、とにかく早いですね。  さて、今年もずっと撮影していたファジアーノ岡山が属するサッカーJ2も終了しました。ファジアーノは最後までプレーオフ出場の座を争ったものの、後半のアウェーで勝てなかったことが響き、9位でフィニッシュ。残念な結果...続きを見る
  • 岡山鉄道雑記
    岡山鉄道雑記 もっと見る
    自称「鉄チャン」で産業考古学会理事や鉄道記念物評価選定委員を務める小西伸彦さんが、鉄道への思いを愛情たっぷりにつづります。
  • 分水嶺の駅
    分水嶺の駅
     今回は津山線小原駅で途中下車。まず、1985年6月1日付山陽新聞夕刊の「ローカル線を行く」からいくつかを拾う。  分水駅。目前の用水、南と北へ。だらだら坂の上り勾配(こうばい)。気動車はあえぎながらゆるゆると登って来て、小原駅に着いた。極端に高い山こそないが、このあ...続きを見る
  • エンジョイ!ウーマン
    エンジョイ!ウーマン もっと見る
    女性を取り巻くさまざまな問題を通して、支援の在り方や夫婦のつながり方はどうあるべきかなどを考察します。執筆は、臨床心理士で岡山県立大客員准教授の小畑千晴さん。
  • ストーカー行為いまむかし
    ストーカー行為いまむかし
     男女間トラブルは現代に限ったことではないのは想像できますが、昨年から始めたストーカー被害の調査をきっかけに、その歴史に興味をもち、少し調べてみたのでご紹介しましょう。  日本でそれに相当すると思われる昔話として、「安珍清姫物語」があります。さまざまな解釈があるようで...続きを見る
  • 日本酒とわずがたり
    日本酒とわずがたり もっと見る
    日本酒ライターの市田真紀さんが愛飲家には更に奥深い世界を、日本酒になじみのない方にも“飲むだけではない魅力”を紹介します。
  • 地酒ゆかりの地を巡る楽しみ 酒米「雄町」の“聖地”も人気
    地酒ゆかりの地を巡る楽しみ 酒米「雄町」の“聖地”も人気
     日本酒ファンの楽しみの一つに、酒蔵見学がある。歴史を感じる蔵の佇(たたず)まいや仕込み風景を見るだけでなく、酒造りにまつわるさまざまな話を蔵元や蔵人から直接聞くことができるため、近年は観光客の人気が高い。  広島県東広島市で10月に開かれた「西条酒まつり」のような街...続きを見る
  • 岡山まちづくり探検
    岡山まちづくり探検 もっと見る
    岡山大地域総合研究センター(AGORA)助教の岩淵泰さんが「地方創生」をテーマに、自治体の事例を交えて岡山の魅力を探ります。
  • 地域実践学習の秘策とは? 米・ポートランド州立大学に学ぶ
    地域実践学習の秘策とは? 米・ポートランド州立大学に学ぶ
     豊かな学びはまちづくりに寄与するのだろうか。近年、高校や大学は地域での実践学習に力を入れているが、「地域に出れば、まず良し」になってしまうと、研究も教育もおろそかになる危険性がある。そもそも地域での研究や教育が乏しい教員が、学生への地域学習を組み立てることは、時間も、体力...続きを見る

あなたにおすすめ

ページトップへ