山陽新聞デジタル|さんデジ

そずり鍋 (そずりなべ)

そずり鍋

しょうゆベースに濃厚な旨み

「肉の城下町」津山が誇る津山ホルモンうどんと並ぶご当地ならではの牛肉料理。そずり肉とは骨の周りの肉のこと。マグロの中落ちのようにさまざまな部位の骨から削ぎ落として(方言で「そずって」)使うことからこの名がついた。しょうゆベースの出汁に濃厚な旨みが溶け出しており、奥深い味が楽しめる。野菜やキノコなど山の幸もふんだんに使われ、後口はさっぱりしたヘルシー鍋。具を食べ終わったら、そばやうどんを入れてシメにする。11月~2月ごろまで、津山市内20軒以上の飲食店で提供されており、現在、1月末まで「作州津山なべまつり」が、同市内の飲食店、ホテル、旅館など32店舗で開催中。そずり鍋をはじめ、黒豚のしゃぶしゃぶや鴨、フグ鍋など津山の美味しい鍋を食べて抽選でお食事券、ビール、チューハイなどのプレゼントも当たる大チャンス。

お店・施設情報

問い合わせ 津山市観光協会 0868-22-3310
WEB ⇒ホームページを見る
料金 千~2千円程度(店舗によっては一人鍋の対応もある)
食べられる場所 津山市内

マップ

TOP