山陽新聞デジタル|さんデジ

グルメニュース

県産桃とブドウのジュース販売 倉敷の美観堂、皮ごと液状に加工

美観堂が販売している桃(左)とブドウのジュース
美観堂が販売している桃(左)とブドウのジュース
 倉敷市美観地区のセレクトショップ・美観堂(同市本町)は、岡山県産の桃とブドウを使ったオリジナルのジュース2種類を販売している。

 桃のジュースは1本(370ミリリットル)につき、「清水白桃」と「おかやま夢白桃」を3、4個使用。ブドウジュース(同)は大粒の「ニューピオーネ」2房分が入っているという。千分の1ミリ単位で細かくカットする特殊な技術で果実を皮ごと液状に加工し、砂糖とレモン果汁のみで味を調えた。製造は飲料製造のミラクルフード(同市船穂町船穂)に委託した。

 県産フルーツを土産物としても持ち帰りやすい加工品で楽しんでもらおうと企画。ストレートで飲むほか、シャーベット状にして食べるのもお勧めという。

 各2700円。1本ずつ詰め合わせたギフトセット(5720円)もある。問い合わせは美観堂(086―486―2224)。

あなたにおすすめ

TOP