山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

悶絶から美臭まで60種 岡山で「におい展」

あまりの悪臭に顔をしかめる入場者。会場では世界のあらゆるにおいが体感できる
あまりの悪臭に顔をしかめる入場者。会場では世界のあらゆるにおいが体感できる
世界一臭い食べ物とされる「シュールストレミング」
世界一臭い食べ物とされる「シュールストレミング」
特に強烈なにおいを放つものは小部屋で体感
特に強烈なにおいを放つものは小部屋で体感
 「悶(もん)絶」から「美臭」まで、世界の多種多様な香りを体感できる「におい展」が、岡山市北区駅前町の複合商業施設・イコットニコットで開かれている。2月2日まで。

 香水のもとになる最高級香料「イリス」や、スウェーデン産のニシン缶詰で世界一臭い食べ物とされる「シュールストレミング」など約60種類を一堂に集め、実際にかいでもらうユニークなイベント。

 伊豆諸島の干し魚「くさや」、中国や台湾で食べられている「臭豆腐」など特に強烈な臭いを放つ5種類はそれぞれ個室に展示されている。あまりの激臭に悲鳴を上げる人も多く、大学4年の男子学生(22)=倉敷市=は「かぎすぎて嗅覚がまひしたかのよう。こんなにも多くのにおいがあることにびっくりした」と話した。

 このほか会場には「ももたろう」や、岡山城主小早川秀秋をイメージして整香師が作り上げたご当地ゆかりのシリーズもお目見え。靴の中やわきの下など、自分が放つにおいを測定するコーナーも人気を集めている。

 午前10時~午後7時(31日は同6時)。1月1日は休み。入場料800円(3歳未満は無料)。問い合わせは実行委事務局のテレビせとうち(平日のみ、086─803─7017)。

 同展は、名古屋、大阪など全国各地を巡回しており、総入場者数は25万人を突破している。岡山は12カ所目の開催。

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

TOP