山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

秋バージョン11月20日開幕 岡山で幻想庭園と烏城桃源郷

秋の幻想庭園試験点灯=2019年11月14日、岡山市北区の後楽園
秋の幻想庭園試験点灯=2019年11月14日、岡山市北区の後楽園
 岡山県と岡山市は23日、同市の後楽園と岡山城をそれぞれライトアップする「秋の幻想庭園」と「秋の烏城灯源郷」を11月20日から開催すると発表した。いずれも新型コロナウイルスの感染予防策を講じ、29日まで実施。紅葉に染まる名園や天守閣一帯を鮮やかに彩る。

 期間中は後楽園、岡山城天守閣とも開場時間を午後8時半まで延長。後楽園では色づくモミジなどを浮かび上がらせるほか、入り口に近い散策路に三勲小(同市)児童が手作りしたちょうちんを並べる。岡山城では「秋風烏城」をテーマに天守閣や石垣をライトアップ。沢の池に小舟を浮かべた和楽器演奏(後楽園)、来年のえと・牛をかたどった備前焼の色づけ体験(岡山城)などもある。

 会場には消毒液を置くほか、来場者にはマスク着用を呼び掛ける。

 初日は午後5時から後楽園で共通のオープニングセレモニーを開く。後楽園と天守閣は入場料が必要。問い合わせは後楽園事務所(086―272―1148)、天守閣(086―225―2096)。

 幻想庭園は県と後楽園魅力向上委員会が主催し、同市と山陽新聞社が共催。烏城灯源郷は同市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社でつくる実行委員会が主催。

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

TOP