山陽新聞デジタル|さんデジ

没後90年記念 児島虎次郎 もうひとつの眼

会場に並ぶ「下町の家族」(右)と、油彩「家族」
会場に並ぶ「下町の家族」(右)と、油彩「家族」

開催期間
2020年4月4日〜2020年8月23日
午前9時半~午後5時(入館は同4時半)

高梁市出身の洋画家児島虎次郎(1881-1929年)が留学先のフランスやベルギーで撮影した写真約100点を展示。滞在したヨーロッパ各地の風景や交流のあった人々などの写真とともに、虎次郎が送った絵はがき、絵画作品も併せて紹介する。会場は写真撮影が可能で、カメラ(スマートフォンは除く)持参者は入館料が2割引きになる。6月7日午後1時半~3時に「児島虎次郎の生涯と功績」と題して松岡智子・倉敷芸術科学大教授による記念講演会がある。聴講無料(入館料が必要)。月曜休館(8月10日は開館し、11日休館)。

詳細情報

場所 高梁市成羽美術館
住所 高梁市成羽町下原
問い合わせ 高梁市成羽美術館
TEL 0866-42-4455
WEB ⇒ホームページを見る
料金 一般千円、高校・大学生800円、小中学生500円

マップ

他にもこんなイベント

TOP