山陽新聞デジタル|さんデジ

特別展「獅子十六面相」

恵美須宮の「獅子 阿形」(右)など多彩な宮獅子が並ぶ会場
恵美須宮の「獅子 阿形」(右)など多彩な宮獅子が並ぶ会場

開催期間
2019年9月28日〜2020年2月2日
午前9時~午後5時(最終入館は午後4時半)

備前焼の宮獅子(こま犬)にスポットを当てた特別展。室町時代から現代までに制作された、備前焼や美濃焼、瀬戸焼の宮獅子など約60点を展観。目玉は愛知県陶磁美術館から37年ぶりに“帰郷”する恵美須神社(備前市)寄贈の「阿形(あぎょう)」。2019年春に保存修復を終えた、最大級の宇佐八幡宮(同)のこま犬は11月中旬から12月下旬の期間限定で展示する。月曜(祝祭日の場合は翌日)、11月17~19日、12月29日~1月3日は休館。

詳細情報

場所 備前市立備前焼ミュージアム
住所 備前市伊部
問い合わせ 備前市立備前焼ミュージアム
TEL 0869-64-1400
WEB ⇒ホームページを見る
料金 一般500円、65歳以上400円、高大生300円、中学生以下無料

マップ

他にもこんなイベント

TOP