山陽新聞デジタル|さんデジ

極主夫道 ザ・シネマ

(C)2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会
(C)2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会
(C)2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会
(C)2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会
(C)2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会
(C)2022「極主夫道 ザ・シネマ」製作委員会

上映中

  • イオンシネマ岡山

  • 7月1日(金)~7月7日(木)
    20:15

    21:00

    金月火水

    21:30

    土日


    劇場の詳細はこちら

    *映画の上映時間、内容に変更の場合があります。各映画館にご確認ください。
    *岡山県条例により上映終了が23時を過ぎる上映回(色地)には、18歳未満の方は保護者同伴でもご入場いただけませんので、あらかじめご了承ください。

  • MOVIX倉敷

  • 7月1日(金)~7月7日(木)
    18:35




    7日で終了予定

    劇場の詳細はこちら

    *映画の上映時間、内容に変更の場合があります。各映画館にご確認ください。
    *岡山県条例により上映終了が23時を過ぎる上映回(色地)には、18歳未満の方は保護者同伴でもご入場いただけませんので、あらかじめご了承ください。

動画

概要

かつて“不死身の龍”と恐れられた伝説の極道・黒田龍は美久との結婚を機に足を洗い、最強の専業主夫として血のつながらない娘・向日葵と3人で穏やかに暮らしていた。そんなある日、街に近藤率いる極悪地上げ屋が現れる。彼らが狙うのは、白石が園長を務める「かりゅう保育園」の土地。近藤の手下による執拗な嫌がらせは続き、龍は元舎弟の雅と用心棒を買って出るが、近藤たちの行動はエスカレートしていく。やがて元武闘派ヤクザで現在はクレープ屋の虎二郎、その妹で元レディース総長の虎春も龍の仲間に加わり―。

原作:おおのこうすけ
監督:瑠東東一郎
出演:玉木宏、川口春奈、志尊淳、吉田鋼太郎
2022年、日本、118分
⇒公式サイトを見る

岡山県の映画情報

TOP