山陽新聞デジタル|さんデジ

認知症を正しく理解して 倉敷・沙美小 サポーター養成講座

 「認知症キッズサポーター養成講座」が2日、倉敷市玉島黒崎の沙美小で開かれ、全児童22人が認知症の症状や当事者への接し方を学んだ。  民生委員や愛育委員らでつくる同小学校区小地域ケア会議「さみっと」が、学区の高齢化率が半数近くに上ることを...

最新動画記事

あなたにおすすめ

TOP