山陽新聞デジタル|さんデジ

ニュース

遷座400年 大隅神社秋季例大祭 だんじり、みこしはコロナで中止

遷座400年を祝い、地域の安寧を願った大隅神社の神事
遷座400年を祝い、地域の安寧を願った大隅神社の神事
 大隅神社(津山市上之町)で18日、秋季例大祭が開かれ、遷座400年を祝った。同神社の秋祭りは例年、だんじりやみこしが勇壮に練り歩く「津山まつり」の開幕に当たるが、新型コロナウイルス感染拡大で練り歩きは中止した。

 神社によると、初代津山藩主・森忠政の津山城築城など城下町のにぎわいが広がるのに伴い、1620(元和6)年に当時の林田村から現在地に遷座した。「大己貴命(おおなむちのみこと)(大国主命(おおくにぬしのみこと))」と日本医薬の祖神「少彦名命(すくなひこなのみこと)」を祭っている。

 神事には氏子ら約40人が参列。楽士による琴や笛の音が響く中、石田博之宮司(81)が地域の繁栄や新型コロナの早期収束などを願う祝詞を奏上し、参列者が玉串を奉納した。

 境内にはみこしや獅子頭、過去の祭りの写真を展示した。総代長の高田信昌さん(75)=東新町=は「氏子が無事に過ごせるようこれからも見守っていただきたい」と話した。

 津山まつりは大隅、高野(二宮)、徳守(宮脇町)の3神社の秋祭りの総称。各神社ともだんじりの練り歩きなどは中止する。

あなたにおすすめ

TOP