山陽新聞デジタル|さんデジ

飛田晴康 先生

歯並びが悪いがインビザライン矯正は可能?

インビザライン矯正前(写真上)と矯正後(同下)
インビザライン矯正前(写真上)と矯正後(同下)
Q:歯並びが悪くかなり凸凹しているのですがインビザライン矯正は可能でしょうか。

A:インビザライン矯正は進化。治療後の歯並びも確認可能

 インビザライン矯正(マウスピース矯正)は年々進化し、現在では従来の矯正治療と同等の治療が可能になりました。また、世界中で600万人が治療を受けられ、多くの矯正専門医がインビザライン矯正を導入されていることからも従来と同様の矯正治療が可能であることが理解できると思います。

 インビザライン矯正の特徴は治療前に歯の動かし方、歯を抜くかどうか、IPR(歯と歯の間を削ること)などの治療計画とともに治療後の歯並びを確認することができます。そのため、矯正治療前に治療内容と治療後の歯並びを確認されてから判断されることも可能です。ただし、そのためには検査費用が必要ですので担当医に確認されることが必要です。

 マウスピース矯正を希望される方が多くなったのは、このような特徴に加えて治療中の痛みが少なく食事制限がないことも大きいようです。

先生紹介

  • 飛田晴康 先生

    飛田歯科医院

    岡山市北区広瀬町11-19

    086-222-3194

    飛田歯科医院院長。1985年大阪歯科大学卒業。東京都港区、京都府園部町、神戸市東灘区の歯科医院勤務を経て、2005年より現職。

TOP