山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】GK馬渡洋樹選手が合流 早くチームになじみたい

【ファジ】GK馬渡洋樹選手が合流 早くチームになじみたい
 サッカーJ2ファジアーノ岡山にJ1川崎から完全移籍で加入したGK馬渡洋樹選手(25)が23日、チームの練習に合流した。時折笑顔も見せながら、同じGKの金山隼樹、ポープ・ウィリアム選手と約1時間半、調整に汗を流した。練習後の一問一答を届ける。練習の様子はさんデジ写真館に収録している。

 -移籍を決めた理由は?

 コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断している難しい期間だったが、けがでGKが2人離脱しているファジアーノからオファーをいただき、チャレンジしようという強い気持ちで来ました。川崎はGKが5人いて試合にも絡めていなかったので、ゲームに出たいという思いもありました。

 -プレーの持ち味を教えてください。

 足元の技術。キックもできる方だと思います。

 -ファジアーノの印象は?

 以前J2愛媛にいたので、ここ(政田サッカー場)で練習試合をする機会も多かった。堅実というか、みんなで頑張る魂のあるチームだと思っています。

 -きょうが練習初日だった。

 緊張していないと言うと嘘になるかもしれない。GKコーチの吉田(宗弘)さんからもリラックスさせてくれる言葉も掛けてもらいました。ポープ(ウィリアム選手)も同い年なので、雰囲気良くやってもらいました。何とか初日を終えた感じですね。

 -川崎時代に学んだことは?

 試合に出ているGKチョン・ソンリョンさんのキャッチの質ですね。韓国を代表するキーパーですが、試合や練習で間近で見て、目指すところだと感じています。

 -どんなふうにチームに入りたいと思っていますか?

 まずチームになじむことが大事。キーパーだけでなく、フィールドの選手ともゲームなど通してコミュニケーションを取っていきたい。みんなとよくしゃべりたいですね。

 -今季の意気込みを。

 今はポープが出ているので、ポジションを脅かせるような存在になりたいですね。まずは試合に出られるように頑張りたいと思います。
【ファジ】GK馬渡洋樹選手が合流 早くチームになじみたい

関連記事

さんデジ特集

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP