山陽新聞デジタル|さんデジ

吉備国大シャルムのファン感謝祭 14日高梁 選手とサポーター交流

 サッカー女子・チャレンジリーグの吉備国大シャルムを運営する一般社団法人・高梁スポーツクラブは14日、選手とサポーターが運動会を通じて交流を深める恒例のファン感謝祭を高梁市松原町神原の神原スポーツ公園多目的広場で開く。

 選手全39人と参加者でチームを組み、綱引き、借り物競走、長縄跳び、リレー、五人六脚の計5種目に挑戦する。会場では新作のマフラータオルやトートバッグといった応援グッズを販売するほか、サッカー用具など選手の私物を集めたフリーマーケットもある。

 昼食は地元サポーターらでつくる「有志の会」が手作りした豚汁(100円)やカレーライス(200円)が提供される。

 午後1時~4時(同0時15分から受け付け)。参加無料。小雨決行。問い合わせは同クラブ(0866―22―9403)。

 シャルムは今季、チャレンジリーグ全12チーム中9位。降格争いに巻き込まれたが、残留を決めた。

なでしこ岡山

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP