山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】ホーム最終戦写真ダイジェスト 「チャレンジは終わらない」

選手が乗ったバスを旗を振るなどして出迎えるサポーター
選手が乗ったバスを旗を振るなどして出迎えるサポーター
 サッカーJ2ファジアーノ岡山は16日、ホーム・シティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で横浜FCと対戦。0-1で敗れ、ホーム最終戦を白星で飾ることができませんでした。事実上、J1昇格プレーオフ進出の可能性もなくなりました。

 試合後には最終戦セレモニーが開かれ、有馬賢二監督は「最終戦も前向きにタフに戦ってくる。これからも応援をお願いします」。増田繁人選手は「どんな試合でも皆さんの声援が届いていた。その声援を『J1昇格』で返せなかったことが悔しい。しかしファジアーノのチャレンジは終わらない」と1年間の声援に感謝を述べました。

横浜FC戦のスタメン
横浜FC戦のスタメン
前半24分、横浜FCに先制点を許す
前半24分、横浜FCに先制点を許す
上田康太選手のコーナーキックを頭で合わせる赤嶺真吾選手(左から2人目)
上田康太選手のコーナーキックを頭で合わせる赤嶺真吾選手(左から2人目)
史上2番目となる17288人が来場。声や手拍子で選手たちを後押しした
史上2番目となる17288人が来場。声や手拍子で選手たちを後押しした
今季ホーム初出場の後藤圭太選手(左)。「大声援で最後まで戦えた。岡山のパワーを感じた」
今季ホーム初出場の後藤圭太選手(左)。「大声援で最後まで戦えた。岡山のパワーを感じた」
試合終了を告げるホイッスルが鳴り、うなだれるファジアーノの選手たち(えんじ色のユニホーム)
試合終了を告げるホイッスルが鳴り、うなだれるファジアーノの選手たち(えんじ色のユニホーム)
ホーム最終戦セレモニーでは、選手らが今季の声援に感謝の気持ちを表した
ホーム最終戦セレモニーでは、選手らが今季の声援に感謝の気持ちを表した
サポーターに手を振る上田康太選手(中央)ら
サポーターに手を振る上田康太選手(中央)ら
サポーターにあいさつする増田繁人選手
サポーターにあいさつする増田繁人選手
サポーターと写真撮影する選手たち
サポーターと写真撮影する選手たち
スタンドにボールを投げ入れる選手たち
スタンドにボールを投げ入れる選手たち
スタンドのサポーターは両手を伸ばしてアピール
スタンドのサポーターは両手を伸ばしてアピール

さんデジ特集

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP