山陽新聞デジタル|さんデジ

総社市議が議員辞職願を提出 本会議欠席、入院と偽り旅行

 総社市の仲達幸弘市議(65)=共産党、1期=は4日、「入院・手術」を理由に8月定例市議会の本会議を欠席しながら、豪華客船による観光ツアーに出掛けていたとして、加藤保博議長に議員辞職願を提出した。発覚を逃れるため偽造した退院証明書などを議長に示していた。

 市議会事務局によると、仲達氏は8月28日の本会議と30日の委員会を欠席。鳥取・境港から北陸地方を巡るツアーに参加した。

 9月上旬、新聞の特集記事の写真に似た人物が写っていると同僚市議が指摘。議長が事情を聴いたところ、仲達氏は退院証明書などを示し「病院で手術を受けた」と説明していた。その後、党の調査に対し、8月27日から4日間のツアーに参加し、証明書などを偽造したことを認めたという。党は辞職勧告した。

 仲達氏は取材に対し「旅行で本会議を欠席すれば批判されると思い、うそをついてしまった」と述べた。

政治行政

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP