山陽新聞デジタル|さんデジ

自身最大規模の全国ツアーに挑む 岡山・福山のバンドCRAZY VODKA TONIC

ミニアルバムのポスターを手にするクレイジーウォッカトニックの(左から)進さん、坂本さん、池上さん、奥本さん
ミニアルバムのポスターを手にするクレイジーウォッカトニックの(左から)進さん、坂本さん、池上さん、奥本さん
ミニアルバム「DARUMA」のジャケット
ミニアルバム「DARUMA」のジャケット
 岡山や福山を拠点に全国でライブ活動を行う4人組バンドCRAZY VODKA TONIC(クレイジーウオッカトニック)が10月からミニアルバムの発売を記念した自身最大規模の全国ツアーに挑む。メンバーは「中国地方代表のつもりで自分たちの音楽を全国に届けたい」と意気込んでいる。

 タイトルは「DARUMA」。4日に全国リリースした。何があっても前に進んでいく強い意志を歌詞に込めた「リリィ」など6曲を収録。力強いバンドサウンドに電子音を加え、ポップに歌い上げる同曲は先行配信され、8月下旬の「週間USEN HIT インディーズ・ランキング」で1位を獲得。動画投稿サイトYouTubeで公開したミュージックビデオの再生回数は12万回を超えた。「これまでにない手応えを感じている」と4人は口をそろえる。

 メンバーはボーカル池上優人さん(26)、ベース進竜馬さん(26)、ギター奥本真光さん(26)=以上福山市、ドラム坂本志穂美さん(24)=倉敷市。高校生だった2010年に結成し、15年秋から現在の顔ぶれで活動。各地のイベントへの出演を重ね、音楽ファンから注目される存在になっている。奥本さんは「まだライブに行ったことがない場所の人からもSNSを通じて反応があった」、坂本さんは「ミュージックビデオがかっこよかったから初めて来たという人もいた」とファンの広がりを実感している。

 ツアーは10月12日の東京単独公演を皮切りに、北海道から福岡までの18カ所を3カ月間かけて巡る。進さんは「東京でのライブはこれまで一番大きい会場なので、地元の人にも見てもらいたい。来られない人は各地のライブに来て盛り上がってほしい」と呼び掛け、池上さんは「『岡山・福山のバンドが頑張っているな』と全国の人たちに感じてもらえるツアーにしたい」と力を込めた。

 地元では11月9日に福山Cable(福山市三之丸町)、12月15日はクレイジーママセカンドルーム(岡山市北区本町)である。いずれも午後5時半開演。前売り3千円、当日3500円(ドリンク代600円別)。このほかの日程はバンドのホームページ(http://crazyvodkatonic.com/)。

「リリィ」のミュージックビデオ

さんデジ特集

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP