山陽新聞デジタル|さんデジ

ユースサッカー組み合わせ決まる 山陽新聞杯、21日から県大会

ユースサッカー組み合わせ決まる 山陽新聞杯、21日から県大会
 サッカーの「2019山陽新聞カップ第28回岡山県ユース(U―15)選手権大会」(県サッカー協会、山陽新聞社主催、岡山県民共済特別協賛)の組み合わせが決まった。14チームが21~23日、中学年代の県王者を懸け、岡山市のシティライトスタジアムなどで熱戦を展開する。

 備前、備中、美作の3地区予選を勝ち抜いた12チームに、日本クラブユース選手権(U―15)県大会を制した鷲羽FC、県中学校総体で頂点に立った総社東中のシード2チームが加わり、トーナメントで覇を競う。

 優勝争いをリードするのはクラブ勢。総合力が高いハジャスや個人技に優れるJフィールド岡山、鷲羽FCなどが軸になりそうだ。攻守のバランスが取れている総社東、守りが堅い岡北をはじめ中学校チームも地力はある。

 第1日の21日は1回戦6試合を実施。シード勢が登場する第2日の22日は準々決勝、準決勝を行う。両日の会場は県補助陸上競技場(岡山市)と笠岡陸上競技場(笠岡市)。最終日の23日はシティライトスタジアムで3位決定戦と決勝がある。

ユースサッカー

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP