山陽新聞デジタル|さんデジ

備前は20チームが各組準決勝へ 岡山県ユースサッカー地区予選

熱戦を繰り広げるJ・フトゥーロ(緑のユニホーム)と西大寺中の選手たち=邑久スポーツ公園
熱戦を繰り広げるJ・フトゥーロ(緑のユニホーム)と西大寺中の選手たち=邑久スポーツ公園
 サッカーの中学年代岡山県王者を決める「2019山陽新聞カップ第28回県ユース(U―15)選手権大会」(県サッカー協会、山陽新聞社主催、岡山県民共済特別協賛)の備前地区予選第1、第2日は24、25日、岡山市の灘崎町総合公園などで5組に分かれたトーナメントの2回戦までが行われ、桑田中、アヴァンサール、吉備中など20チームが各組の準決勝に駒を進めた。

 クラブ、中学校計49チームが参加。25日に瀬戸内市の邑久スポーツ公園であったB組2回戦のJ・フトゥーロ―西大寺中戦では、選手たちが巧みなドリブルやパス回しで相手を切り崩した。ゴールに迫るたびに、応援に駆け付けた保護者らから歓声が上がっていた。試合はJ・フトゥーロが3―0で勝った。

 最終日の31日は各組の準決勝、決勝があり、それぞれの優勝チームが県大会(9月21~23日・シティライトスタジアムほか)の出場権を獲得する。会場を一部変更し、A組は邑久スポーツ公園、B組はNTNグラウンド(備前市)で行う。

 ▽A組 1回戦 桑田中5―0高松中、操南中2―0大安寺中▽2回戦 和気中4―0備前中、アヴァン・プレシオ6―0興除サルト、桑田中4―0芳田中、操南中4―0上道中

 ▽B組 1回戦 富山中2(PK5―4)2ヒーロ備前、J・フトゥーロ3―0旭東中▽2回戦 アヴァンサール2―0リベルタ、アクート2―1FC岡山、富山中5―0日生・吉永中、J・フトゥーロ3―0西大寺中

 ▽C組 1回戦 ファジアーノ岡山2―1京山中、桜が丘中7―2県操山中▽2回戦 芳泉中7―0石井中、中山中4―1西大寺ブルー、ファジアーノ岡山3―0ポルターレ玉野、桜が丘中2―0福南中

 ▽D組 1回戦 竜操中4(PK3―1)4高陽中、Jフィールド岡山2―0宇野・荘内中▽2回戦 市操山中5―1長船中、邑久中0(PK5―4)0香和中、竜操中4―0牛窓中、Jフィールド岡山11―0御津・足守中

 ▽E組 1回戦 吉備中5―0瀬戸中▽2回戦 岡北中0(PK5―4)0灘崎FC、ソルテソロ9―0伊里中、高島中2―1福浜中、吉備中1―0御南中

ユースサッカー

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP