山陽新聞デジタル|さんデジ

勝央中とJフィールドが県大会へ ユースサッカー美作地区予選

A組決勝で熱戦を繰り広げる勝央中(白色のユニホーム)と美作中の選手
A組決勝で熱戦を繰り広げる勝央中(白色のユニホーム)と美作中の選手
 2019山陽新聞カップ岡山県ユース(U―15)サッカー選手権大会(県サッカー協会、山陽新聞社主催、岡山県民共済特別協賛)の美作地区予選最終日は24日、鏡野町竹田の鏡野中グラウンドで各組の決勝が行われた。A組は勝央中、B組はJフィールド津山が優勝し、県大会(9月21~23日・岡山市のシティライトスタジアムほか)への出場を決めた。

 勝央中は、前線へのロングパスから好機を演出。フリーキックを2本決めるなど、終始美作中を圧倒し、4―0で勝利した。Jフィールド津山は、個人技や巧みなパスワークで相手ディフェンスを崩し、得点を重ねた。今大会無失点の守備陣も安定した守りを見せ、2―0で勝った。

 県大会は美作、備前、備中の各地区予選を突破した計12チームにシード2チームを加えた計14チームが出場。トーナメントで争う。

▽A組決勝
勝央中4―0美作中

▽B組決勝
Jフィールド津山2―0ヴィパルテ

ユースサッカー

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP