山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市役所で「春のばら展」 色とりどり119点が市民を魅了

色とりどりのバラに見入る来場者ら
色とりどりのバラに見入る来場者ら
 「春の岡山ばら展」(岡山市、岡山ばら会主催)が16日、市役所1階市民ホールで始まった。訪れた市民らが赤や黄、ピンクなど色とりどりに咲き誇ったバラに見入っている。17日まで。

 会員30人が119点を出品。甘い匂いがする薄紫色の「ブルームーン」、花びらの表裏で色が変わる「コロラマ」など丹精した多彩な品種が並ぶ。栽培方法などを相談できるコーナーも設けられた。

 中区の女性(82)は「色鮮やかで豪華な花から小さくてかわいらしいものまでさまざま。来年もまた来たい」と話していた。

地域話題

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP