山陽新聞デジタル|さんデジ

福山大大麻 サッカー部の処分検討 中国大学連盟がHPで発表

福山大
福山大
 福山大(福山市東村町)サッカー部を巡る大麻取締法違反事件で、中国大学サッカー連盟(広島市)は14日、同部の処分について日本サッカー協会の規定に基づき「検討を進めている」とホームページ(HP)で発表した。

 連盟は13日夜、理事会で処分案を決めたが、内容を明らかにしていない。日本サッカー協会の裁定委員会が今後、連盟の処分案を踏まえ最終決定する。処分内容にかかわらず確定するまでは、連盟の公式戦に出場可能で、同部は28日開幕の中国大学リーグ1部にエントリーしている。

 連盟の菅輝理事長はHPで「現時点では処分の有無は何ら確定していない。引き続き、今回の不祥事に適正に対処する」とした。

 同部を巡っては大麻を所持したなどとして同法違反容疑で部員の4人が逮捕、1人が書類送検された。うち2人が起訴されている。

 同部は、事件発覚後の1月中旬から活動を自粛していたが「連帯責任を問うことは不要」(大塚豊福山大学長)として3月上旬から再開。「対外的な活動は関係諸団体の判断に委ねる」としていた。

関連記事

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP