山陽新聞デジタル|さんデジ

縄文草創期の石斧 中山城跡で出土 福山、備後南部初の神子柴型

 広島県が整備を進める福山沼隈道路の改良工事に伴う中山城跡(福山市草戸町)の発掘調査で、縄文時代草創期に当たる約1万年前の石斧(せきふ)が出土したことが2日までに分かった。東日本を中心に分布する「神子...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

関連記事

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP