山陽新聞デジタル|さんデジ

令和6年能登半島地震 義援金について

令和6年能登半島地震 義援金について
ライフデザイン・カバヤ株式会社
令和6年能登半島地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

ライフデザイン・カバヤ株式会社(取締役社長:窪田健太郎/本社:岡山県岡山市)は、2024年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」復興支援のため、社員へ任意で義援金を募集し、社内の有志により集まった¥1,038,737を寄付いたしました。
義援金は、山陽新聞社会事業団から日本赤十字社を通じて被災された方への支援、被災地の復興に役立てられます。
被害を受けられた方々へ、謹んでお見舞い申し上げますとともに、皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

△松田正己代表取締役社長*写真右、窪田健太郎取締役社長*写真中央、井原雄治執行役員*写真左令和6年2月9日(金)山陽新聞社(代表取締役社長:松田正己/本社:岡山県岡山市)にて、山陽新聞社会事業団(理事長:松田正己)へ目録を直接お渡ししました。



ライフデザイン・カバヤ株式会社
ライフデザイン・カバヤは、『中国ブロック3年連続No.1獲得(2020~2022年度 低層住宅着工棟数)』『岡山県7年連続No.1獲得(2016~2022年度 低層住宅着工棟数)』を獲得しています。(住宅産業研究所調べ)
当社は、1972年に岡山で設立された住宅会社で、現在、岡山・広島・香川・愛媛・兵庫・鳥取・福岡・沖縄・東京に販売拠点を設けており、現在、9支店・1営業所・38棟のモデルハウスを展開しています。(https://lifedesign-kabaya.co.jp/company/summary/
住宅事業の枠を超え、国産木材を使った新建材CLT事業、不動産事業、リフォーム事業、エクステリア事業、海外事業、特建事業など幅広く手掛けています。 1972年12月1日/カバヤ小堀住研株式会社として設立
 1990年/エス・バイ・エル・カバヤ株式会社に社名変更
 2017年/ライフデザイン・カバヤ株式会社に社名変更▼事業内容
建築工事の請負及び施工に関する事業/上記事業に関するフランチャイズチェーン事業/建築物の設計及び工事監理に関する事業/土木工事の設計、請負、施工及び監理に関する事業/リフォーム及びエクステリア等の設計、請負、施工及び監理に関する事業/不動産の売買及び仲介に関する事業/不動産の管理及びコンサルタントに関する事業/風力・太陽光・地熱の利用等による発電並びに電気・熱の供給に関する事業/清掃事業/警備事業/損害保険代理店事業及び生命保険の募集に関する業務/前各号に付帯関連する一切の事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【中四国】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP