【J2第1節・栃木戦】木山隆之監督『キャンプで培ってきたものをしっかり表現できていた』

【J2第1節・栃木戦】木山隆之監督『キャンプで培ってきたものをしっかり表現できていた』

 開幕ゲームで栃木を3ー0で破り、幸先良いスタートを切ったファジアーノ岡山。就任3年目となる木山隆之監督のコメント全文は以下の通り。


木山隆之監督



 本当にたくさんの方に、雨でしたけども、来ていただいて、選手たちは本当に背中を押されたんじゃないかなと思います。試合に関しては、本当にキャンプで培ってきたものをしっかり表現できていたと思いますし、その中でチャンスもつくりながら先制することができて、落ち着いて試合を進められたんじゃないかなと思います。

 点を取れたことも良かったですし、相手に反撃するチャンスを与えない、そういうしたたかさとか強さもあったし、そういう意味では良いスタートが切れたんじゃないかなと思います。ただ試合というのは生きている。常に相手があっていろいろな変化が起こるので、それにしっかり対応していけるように、その中でわれわれが強くなっていけるように、また精進していきたいと思います。

 ――[3-4-3]の布陣の評価は?

 どんなシステムであっても、われわれらしくアクティブに守備をしてゴールに向かって攻めることは変わらないですし、そういうわれわれらしさは出せたのかなと。システムに関しては、既存の選手、新しく入ってきた選手たちの特徴を考えながら、いろんな組み合わせが可能なこのシステムがいいんじゃないかという思いでキャンプからやってきたので、そこは一つ結果が出たのは良かったとは思いますけど、何がベストか分からないんで、またいろんなことを考えながらやっていけたらいいかなと思っています。

 ――前線が流動的に動いて崩すことをやってきましたけど、崩しの部分については?

 狙っているプレーとか狙っている場所に人とボールを動かしていくことはかなりできていた。それがゴールにも結びついているし、相手を後ろ向きにしてセットプレーを取ったりもしている。よりシュートチャンスにつながるようになっていけばもっといいかなと思いますけど、初戦にしては悪くなかったんじゃないかと思います。

 ――前線に人数をかけた攻撃が仕掛けられていたと思います。

 そうですね。グレイソンもしっかりボールを収めてくれますし、動き出しもしてくれるし、それに合わせて太哉とか岩渕も空いてるスペースを見つけて入っていくこともできていた。ワイドの2人もしっかり高い位置を取って、仕掛けるプレーとか相手の厳しいところに入っていくプレーを何回も繰り返しましたし、ボランチもしっかりバランスを保ちながら前に配球できていた。チーム全員がベクトルをしっかり前に向けながら、自分たちのプレーをできていたんじゃないかなとは思っています。

 ――去年は引き分けが多かった中で、この試合は勝ち切ることができました。

 去年になかなか勝てなかった原因は、点が取れなかったことと点を取った後にすぐ失点してしまったことがあった。相手にスキを与えることが多かったけど、今日はそれがなかった。あと、2点目を取りにいって取れたのが大きかったんじゃないかなと思います。

 ――今シーズンはどんな戦い方を見せてくれますか?

 とにかく目の前の試合に勝つ。勝つために日々努力をして、今日のようにアクティブにプレーしていきたいと思います。もちろん、いろんな要素で苦しいときもあるかもしれないですけども、絶対に自分たちのベクトルを下げずに、前に向けながら戦い切っていきたいなと思います。

 ――覚えている範囲で得点シーンを振り返っていただけますか?

 いっぱいチャンスがあった中で取れないなと思っていたときに、ボールを取って左に持っていって、太哉が収めたところからカットインしてシュートだったと思うんですけども、攻撃もビルドアップのところで少し硬さもあったけど、守備で相手にしっかりと圧力をかけられたのが良かったんじゃないかなと思います。2点目も良いゴールだった。クロスの入りも、チームとしてトレーニングをずっとしていることですし、そこに良いボールと人が入ってきたんで良かったなと思います。3点目は守りに入っていた時だったけど、やっぱり1点でも多く取ることは大事なんで最後まで取りにいってほしいっていうリクエストをしたら、柳(育崇)が取ってくれたんで良かったなと思います。

 ――途中から出てきた選手たちを見ても、選手層が厚くなったなという印象でした。今日のメンバーを決めるのも大変だったと思うんですが、どんな思いで決められたのでしょうか?...

この記事は有料会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

選手名鑑

ファジアーノ選手名鑑2024
ファジアーノ岡山の歩み

J2順位表

⇒詳細はこちら
順位 チーム 勝点 試合数 得失差
1 清水エスパルス 22 10 5
2 V・ファーレン長崎 21 10 12
3 ファジアーノ岡山 19 10 5
4 横浜FC 18 10 9
5 ベガルタ仙台 17 10 4
6 レノファ山口FC 15 10 6
7 ヴァンフォーレ甲府 15 10 3
8 ブラウブリッツ秋田 15 10 3
9 愛媛FC 15 10 2
10 ジェフユナイテッド千葉 14 10 9
11 いわきFC 13 10 8
12 大分トリニータ 13 10 1
13 モンテディオ山形 13 10 -1
14 ロアッソ熊本 12 10 -6
15 栃木SC 12 10 -13
16 鹿児島ユナイテッドFC 9 10 -9
17 水戸ホーリーホック 8 10 -3
18 藤枝MYFC 8 10 -12
19 ザスパ群馬 6 10 -10
20 徳島ヴォルティス 5 10 -13

アクセスランキング

Jリーグニュース