山陽新聞デジタル|さんデジ

上川氏、「暴挙」とロシア批判 G20外相会合、リオで応酬

 G20外相会合の会場「マリーナ・ダ・グロリア」=20日、ブラジル・リオデジャネイロ(共同)
 G20外相会合の会場「マリーナ・ダ・グロリア」=20日、ブラジル・リオデジャネイロ(共同)
 G20外相会合に臨む上川外相=21日、ブラジル・リオデジャネイロ(共同)
 G20外相会合に臨む上川外相=21日、ブラジル・リオデジャネイロ(共同)
 【リオデジャネイロ共同】20カ国・地域(G20)外相会合が21日、ブラジル南東部リオデジャネイロで開幕し、今月で2年となるロシアのウクライナ侵攻や、パレスチナ自治区ガザ情勢を議論した。上川陽子外相は、G20メンバーのロシアが侵攻をやめないのは「G20の協力基盤を揺るがす暴挙で法の支配への大いなる挑戦だ」と批判した。

 会合は22日までの2日間。日米欧の先進国に新興国を加えたG20で各国の立場は複雑に入り乱れ、ウクライナやガザの情勢改善に向けた合意形成は極めて困難な状況だ。外交筋によると、議長国ブラジルは共同文書の取りまとめを見送る。

 上川氏は、日本政府がガザへの人道支援で3200万ドル(約48億円)規模の緊急無償資金協力を検討していると明らかにした。

 ロシアの反政府活動家ナワリヌイ氏が刑務所で死亡したことで、日米欧はロシア非難を強めている。ガザを巡っては南アフリカやブラジルが、イスラエル軍の攻撃がジェノサイド(民族大量虐殺)に当たると批判。イスラエル支持を貫く米国などとの隔たりは大きい。

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP