山陽新聞デジタル|さんデジ

【四国介助犬キャラバン初開催決定!】12/17~25まで四国4県へ介助犬の啓発に!

【四国介助犬キャラバン初開催決定!】12/17~25まで四国4県へ介助犬の啓発に!
社会福祉法人 日本介助犬協会
●12月17日(日)~12月25日(月)まで四国4県を職員、及び介助犬PR犬と周る介助犬普及啓発イベント「四国介助犬キャラバン」を開催する。●四国地方の介助犬実働数は愛媛県1頭、高知県0頭、徳島県1頭、香川県0頭であり、 実動頭数が少ないため、認知度も低いと考えられる。















社会福祉法人日本介助犬協会(本部:神奈川横浜市、理事長;高柳友子、以下協会https://s-dog.jp/)は、四国4県の介助犬認知度向上を目的に「四国介助犬キャラバン」を実施する。協会がキャラバンを実施することは、昨年の東北地方に続き2度目の取り組みであり、四国地方では初となる。担当者は「介助犬の実動数が増加しない要因の一つは認知度不足。一人でも多くの方に介助犬について啓発し頭数増加に繋いでいきたい」とコメントをしている。

四国介助犬キャラバン概要


期間:2023年12月17日(日)~12月25日(月)
行程 :12/17(日)~12/19(火)愛媛県
     12/20(水)~12/21(木)高知県
12/22(金)~12/23(土)徳島県
    12/24(日)~12/25(月)香川県 
実施内容 :各地域施設でのイベント
   行政や病院、小学校などへの訪問・講演会
商店街など人通りの多い場所での練り歩き啓発
企業・団体への訪問          等

12月17日(日)には、医療法人 天真会 南高井病院(愛媛県松山市)で開会セレモニーを実施し、キャラバンをスタートさせる。その後、各県で一般の方へ向けたイベント開催に加え、介助犬貸与の対象となる肢体不自由者の方々が集まるリハビリテーション施設での介助犬啓発も企画している。

介助犬とは


手足が不自由な方の手助けをする犬。落としたものを拾う、靴や靴下を脱がせる、携帯電話を持ってくるなど、その方にニーズに合わせて作業を行う。全国ではまだ58頭(2023年10月現在)しかおらず、認知度が低いことが課題。

取材申込み・問合せ先


社会福祉法人 日本介助犬協会 担当:広報チーム宛
連絡先:0561-64-1277
Mail:info@s-dog.jp
ホームページ:https://s-dog.jp/ 

↓昨年の東北キャラバンの様子














企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【高知】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP