山陽新聞デジタル|さんデジ

特許切れ薬、24年度負担増 価格の一部保険対象外に

 厚生労働省、環境省(中央合同庁舎第5号館)、東京都千代田区霞が関
 厚生労働省、環境省(中央合同庁舎第5号館)、東京都千代田区霞が関
 厚生労働省は、特許が切れた先発医薬品の窓口負担を、2024年度中に増やす方向で検討に入った。安価な後発品(ジェネリック医薬品)との差額の一部を、公的医療保険の適用対象から外して自己負担とする。どの程度まで適用対象外とするかについて、差額の25~50%の間で3案があることも判明。今後絞り込む。関係者が5日明らかにした。

 先発薬と同じ効能・効果がある後発品の利用を促し、膨張する医療費の抑制を目指す。浮いた費用の一部を新薬開発支援に充てたい意向もある。

主要

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP