山陽新聞デジタル|さんデジ

映画助成金の判決 不祥事対応考える糸口に

 薬物使用事件で有罪が確定した俳優の出演を理由に、映画への助成金を交付しなかった文化庁所管の独立行政法人「日本芸術文化振興会」(芸文振)の処分の妥当性が争われた訴訟の判決で、最高裁が処分を違法と判断し...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

社説

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP