山陽新聞デジタル|さんデジ

G7広島の要人警護訓練を実施 「銃撃」対応を確認

 G7広島サミットに向け、要人警護の訓練をする「サミット警護員」=30日午前、広島市
 G7広島サミットに向け、要人警護の訓練をする「サミット警護員」=30日午前、広島市
 5月に開催される先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)に向け、広島県警は30日、県運転免許センター(広島市佐伯区)で要人警護の訓練を実施した。移動中の要人が車を降りた際に拳銃で襲われたとの想定で、対応手順を確認した。

 県警は約200人を「サミット警護員」に指名しており、ほぼ半分の100人が訓練に参加した。パトカーや白バイに先導された車から要人が降りると、群衆に紛れた暴漢が発砲。サミット警護員が暴漢を制圧し、要人を車に戻して避難させた。刃物を持った不審者を取り押さえる訓練も実施。

 昨年の安倍元首相銃撃事件を受け、警察庁は要人警護の体制を抜本的に見直した。

社会

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP