山陽新聞デジタル|さんデジ

ドアノブや手すり向け抗菌シート 就実大講師ら開発「安全性高く」

 就実大(岡山市中区西川原)の山田陽一講師(微生物学)らの研究グループは、不特定多数の人が触れるドアノブや手すりに貼り、黄色ブドウ球菌などの接触感染を防ぐ抗菌シートを開発した。2022年度内の販売開始...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

地域話題

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP