山陽新聞デジタル|さんデジ

難行苦行、車内に哀歓、揺られてアイデアも 没後30年の松本清張と鉄道150年(下)

 鉄道開業150年と作家松本清張没後30年にちなみ、清張の作品世界と鉄道との関係をたどる連載の後編は、代表作である「砂の器」や、映画化された「張込み」などを取り上げる。やはり登場人物たちは過酷な旅もい...

エンタメコラム

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP