山陽新聞デジタル|さんデジ

【関釜フェリー】12月16日より旅客取扱いを再開します

【関釜フェリー】12月16日より旅客取扱いを再開します
SHKライングループ
下関と韓国釜山を結ぶ関釜フェリーは新型コロナウイルス感染拡大防止の水際対策として2020年3月1日より旅客取り扱いを休止としておりましたが、水際対策の規制緩和に伴い、12月16日(金)より旅客の取り扱いを再開します。なお、ご利用に際し一定の条件が適用されますので詳しい内容については弊社ホームページにてご確認頂きますようお願い致します。【関釜フェリーHP】http://www.kampuferry.co.jp/





・旅客取り扱い再開日時:2022年12月16日(金) 

※ご注意とご案内(必ずご確認下さい)

【日本・韓国共通】
 お客様のご予約につきましては、弊社コロナ対応基本方針に基づき、当面の間乗船客数の制限を行い、またご乗船の際には一定の条件についてのご案内もございますため、お電話での受付となります。尚、WEB予約についても当面の間中止とさせて頂きますのでご了承下さい。

※当社の運送約款及び、各国の水際対策、検疫による対応に基づき、乗船当日に以下の
いずれかに該当する場合はご乗船をお断りいたします。

 1. 37.5度以上の発熱、せき、倦怠感などの体調がすぐれない方
 2. 新型コロナウイルス感染症の隔離期間中又は、濃厚接触者に該当する方
 3. 解熱剤、風邪薬、痛み止めなどを使用している方。
 4. K-ETAの申請をされていない方。
   (日本を含むビザ免除の対象国籍の方)
 5. Visit Japan webによるファストトラックの申請をされていない方。
   (全ての乗客対象)

皆様のご乗船を職員一同お待ちしております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【山口】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP