山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷鳥インフル 搬出制限を解除 2、3例目3~10キロ圏6農場

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は3日、倉敷市内の二つの養鶏場で発生した県内今季2、3例目の鳥インフルエンザで、養鶏場から半径3~10キロ圏の6農場を対象とする鶏などの搬出制限を解除したと発表した。今後異常が見つからなければ、3キロ圏内の移動制限を10日に解除する。

 県によると3日、家畜伝染病予防法に基づき、近接する二つの発生農場から3キロ圏内にある別の養鶏場で飼育鶏のウイルス検査を実施。陰性が確認されたため制限を解いた。対象の6農場では計約32万4千羽を飼育している。

 県はまた、搬出制限の解除に伴い畜産関係車両の消毒ポイント6カ所のうち4カ所を撤去した。

 倉敷市では10~11月、計3カ所の養鶏場で鳥インフルが相次ぎ発生。1例目の養鶏場に関する制限は既に解除している。

政治行政

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP