山陽新聞デジタル|さんデジ

青森で皮膚病変百人超、多数がシラウオ生食

 青森県は29日、寄生虫に起因してかゆみや腫れが出る「皮膚爬行症」とみられる患者が約130人に上ったと明らかにした。多くの人が淡水魚のシラウオを生食しており、一部の検体からは寄生虫の一種「顎口虫」を検出した。

社会

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP