山陽新聞デジタル|さんデジ

ワオ高校【哲学カフェ・白熱活動報告】

ワオ高校【哲学カフェ・白熱活動報告】
ワオ高等学校
問「なぜ戦争は起きるの?」→ 解「リーダーを選ぶ知性を持つ」 社会の“問”に哲学で考える“解”で、未来を創る力を養います。



 激動の時代を生き抜く力を、実学と教養によって育む、学校法人ワオ未来学園ワオ高等学校(本校所在地岡山県岡山市 校長山本潮)(以下ワオ高校)は、2021年4月開校。好きな時間に好きな場所で学ぶことができる完全オンラインの学校です。哲学・科学・経済の教養探究を通じて、実社会で生きる力を養っています。

 ワオ高校では「哲学カフェ」を毎週実施し、日常の“問”から社会課題まで、哲学的な視点から答えの糸口をひも解いたり、哲学者の行動や言葉からヒントを得たり、教師と生徒の壁を取り払って自由な議論を展開しています。フランスの哲学者マルク・ソーテが「考えの打ち合いの場」として始めたという「哲学カフェ」。 「フランクな場で、もっと気軽に哲学を議論したい」という創始者の思いを継ぎ、 2022年10月から、中高生や保護者の皆さんにオープンな場として公開を始めました。 「#ジューダイクエスト」として、10代の皆さんが身近で気になる10題の問いから、議論のテーマを選んでいます。

Q  「なぜ戦争は起きるの?」  
Q  「いい学校に入ることに意味はあるの?」
Q  「差別をなくすことはできる?」  
Q  「なぜ親は過保護なの?」


 たとえば、「なぜ戦争は起きるの?」という“問”からは、先ず、戦争の原因を全員で考え、1.領土2.国境 3.思想 4.民族 5.権益 6.不安の6つを導き出しました。続いて、ドイツ出身の哲学者であるハンナ・アーレントが提唱した「全体主義を生みだす大衆社会」をもとに、大衆が繋がりを失い孤立化すれば全体主義が生まれやすく、権力者に支配される社会になる可能性があるという事を学びました。そして、日本の民主主義について考えながら、戦争のない平和な未来を創るためには、「自分が正しいリーダーになる」「リーダーを選ぶ知性を持つ」という“解”にたどり着きました。このように、中高生のみならず、VUCA時代を生きる大人にとっても、戦争、差別、存在…など、「今、社会に問われていることは何か?」を考えるきっかけを得て、哲学理論で物事の本質をとらえ、他者との議論を通じて“解”を求めていきます。

 ワオ高校では、一人一人が哲学による気づきを通じて、自分の頭で「考え」、自信を持って「発言」できる力を磨けるような学びの場を増やしています。この「哲学カフェ」でも、中高生の皆さんが、山積する社会課題に自分事として向き合い、日本や世界の明るい未来を創っていけるようにリードして参ります。


たくさん考えて話そう!「ワオ!」な新しい気づきに出会える


哲学カフェ


普通って何?公平って何?
カフェで友人とおしゃべりするように、日常の出来事から哲学して楽しもう。

毎週金曜日18:00~19:00 オンライン開催中 (2022年は 残り2回!!)
12/2(金)「嫌なことから逃げてもいい?」・12/9(金)「将来が不安。どうしたらいい?」






哲学カフェでは、哲学者の思想や言葉をヒントにして“解”を考えます。


【 哲学メモ 】
フランシス・ベーコンによる4つのイドラ(思い込み、偏見)
1.種族のイドラ: 属性によって作られる
2.洞窟のイドラ: 個人の環境、経験から作られる
3.市場のイドラ: 噂や、周囲の話を信じ込む
4.劇場のイドラ: 専門家の話を鵜吞みにする

イデア: 共通概念
エイドス: 目の前に見える、形あるものとして取り結ぶことができるもの
ヒュレー: そのものの素材


愛の定義
エロス: 自己中心的な愛
アガペー: 無償の愛
フィリア: 友愛


“私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。
危機的状態にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬよう。”
ハンナ・アーレント 



ワオ高校が誇る哲学のプロ教師が「哲学カフェ」を、優しく丁寧にリードしています。


福盛直樹(ふくもりなおき)
ワオ高等学校 教諭 教養探究アドバイザー


「考えることなく生きている人なんていません。誰でもそれぞれの場面でなんらかの思考はしているものです。しかし、誰でもやっていることをやっているだけでは、特に深まることもなく、大切なことへの気づきもありません。解釈が自分を苦しめると言われるように、解釈が対象をゆがめるのです。だからこそ哲学による気づきは自分を磨き、人生を輝かせます。若き日の貴重な気づきを促す哲学カフェ、その波動をさらに広げていきたいものです。」


次の時代を生き抜く力:ワオ高校の「教養探究」

ワオ高校の哲学・科学・経済には、それぞれ「哲学探究」「科学探究」「経済探究」というように「探究」という言葉が付いています。探究とは、 物事の本質や意義を探って見きわめようとすること。学問としての哲学・科学・経済ではなく、それらの学問特有の物の見方や考え方を知ってもらい、実践することを目的としています。 いつもは正解を求められるのが学校のお勉強かもしれませんが、教養探究では、知ること、考えること、対話することを大切にしており、「簡単には答えを1つに絞れない」実社会の問題に向き合います。「勉強」ではない「学び」の醍醐味がここにあります。

●大人になるために必要な考える技術、「哲学探究」
学校や社会で、「よく考えろ」と言われることがあります。しかし、「考える」方法について教わったり、練習をしたことがある人は意外と少ないのです。哲学は、「考える」ということを磨き続ける学問です。どのように考えると、本当に考えたことになるのか。哲学探究は、身近な疑問から大きな社会問題まで、みんなでとことん考える授業です。


ワオ高校のバーチャルキャンパス



オンラインだからこそ、リアル以上に生徒同士、生徒と教職員のコミュニケーションが大切。岡山県にある本校の雰囲気を再現したバーチャルキャンパスでは、日々のホームルーム、朝活などの共同学習、学内イベントなどを開催しています。勉強に困ったとき、相談ごとがあるとき、新しいことを始めたいとき、いつでもここで、ワオ高校の仲間が待っています。
 オープンスクールをはじめ、ワオ高校が主催するイベントは、このバーチャルキャンパスにオンラインでご来校いただき、本当の授業さながらの学び体験を楽しんでいただけます。






ワオ高等学校は、哲学で自ら学び育つ力を養う、令和のオンライン高校です。

みんなと同じじゃつまらない、自由と自立を求める君に、45年の歴史ある学習塾が本気で創ったオンライン高校。少人数の対話型教室で深める教養探究と実学…驚きと感動の「ワオ!」な学びを楽しむ未来学園。

●ワオ高校のMission
知的野生人であれ。
自分力と自由力で次世代を生き抜く力のある、
スーパーグローバルエリートを育てる。

●ワオ高校のVision
自由と成長を尊ぶ人が自立できる学びで、個性豊かな「出る杭」達が飛躍できる社会を実現する。

●ワオ高校のValue


45年「学ぶって楽しい」を追求した学習塾の理念と経験。
「つながり」重視、少人数のオンライン議論型教室。
驚きと感動の「ワオ!」がある、教養と実学の授業。
「人と違う」「やりたい事がある」クラスの仲間達。


●ワオ高校の学びとは?


自ら学び育つ、議論型の新しい授業を実践します。
哲学・科学・経済の教養探究で実社会で生きる力を養えます。
総合型選抜入試に特化、志望の大学進学をサポートします。
授業はすべてオンライン!全国どこからでも学べます。



【ワオ高等学校に関するお問合せ】
学校法人ワオ未来学園ワオ高等学校
0120-806-705
公式ホームページ https://www.wao.ed.jp


twitter
https://twitter.com/WaoHighSchool
youtube
https://www.youtube.com/c/waohighschool
facebook
https://www.facebook.com/waohighschool/
instagram
https://www.instagram.com/wao_highschool/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【岡山】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP