山陽新聞デジタル|さんデジ

【速報】おかやまマラソン1.1万人疾走 3年ぶり開催、豊田さんV

ジップアリーナ岡山前を一斉にスタートするランナー
ジップアリーナ岡山前を一斉にスタートするランナー
給水所で水を受け取るランナー=岡山市北区大供
給水所で水を受け取るランナー=岡山市北区大供
お手製の応援グッズを手に「声援」を送る家族連れら=岡山市役所筋
お手製の応援グッズを手に「声援」を送る家族連れら=岡山市役所筋
トップでゴールする豊田紘大さん
トップでゴールする豊田紘大さん
女子のトップでゴールする冨井菜月さん
女子のトップでゴールする冨井菜月さん
 晩秋の岡山路を駆け抜ける「おかやまマラソン2022」(実行委員会、岡山陸上競技協会主催)は13日午前8時45分、号砲とともに、ジップアリーナ岡山(岡山市北区いずみ町)前をスタートした。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となり、全国から参加した約1万1千人のランナーがゴールを目指して県都を駆け抜けた。豊田紘大さん (岡山商大付AC)が優勝、女子は冨井菜月さん (東京・PTC)がトップでゴールした。

【写真館】ランナーや沿道の応援風景

 中心市街地を抜け、南部の田園地帯などを巡る42・195キロの日本陸連公認コース。あいにくの雨の中、カラフルなスポーツウエアやレインコートを着たランナーたちは、沿道の市民の声援に後押しされながら、力走を見せていた。

 コロナ禍のため、定員を2割削減。海外枠は設けず、ファンラン(5・6キロ)を取りやめた。出場者はスマートフォンアプリなどで体調管理に努めた。

各種スポーツ

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP