山陽新聞デジタル|さんデジ

ごみ拾い日本一を目指せ!『スポGOMI甲子園・広島県大会』を初開催

ごみ拾い日本一を目指せ!『スポGOMI甲子園・広島県大会』を初開催
海と日本プロジェクト広報事務局
2022年9月23日 (金・祝)  福山城周辺

一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーションは、2~3人1組のチームを結成した15~18歳の高校生たち全8チームが、制限時間60分の中で規定エリア内のごみを拾い、その質と量をポイントで競う「スポGOMI甲子園・広島県大会」を9月23日(金・祝)に福山城で開催しました。広島での開催は今回が初めてとなります。このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。






イベント概要


・開催概要:スポGOMI甲子園広島県大会を開催、優勝チームは12月に行われる全国大会へ進む
・日程:2022年9月23日(金・祝)
・開催場所:福山城周辺
・参加人数:1チーム2~3名×8チーム=23名



海洋ごみの8割は街から。築城400年で話題の福山城周辺を清掃!


広島エリア初開催の地は、築城400年を迎え、いま最もアツいエリアの1つ「福山城」。
今大会に出場した8チームが拾ったごみの総量は24kgを上回る結果となりました。競技中の高校生からは、「街にこんなにごみが落ちているなんて知らなかった」「普段の生活では気づかなかったが、煙草がたくさん落ちていてびっくりした」「ごみ拾いをしたのは初めて。今後もごみを見つけたら、できる範囲で拾いたい」といった声が上がりました。




優勝は、三銃士《サイエンス・オブ・エンパイア》

激闘の末、見事、広島県代表となったのは「三銃士《サイエンス・オブ・エンパイア》」。入念な下見と個性あふれるオリジナルアイテムを駆使し、優勝をつかみ取りました。優勝した3名からは「面白いオリジナルアイテムや他のチームのごみの量を見て優勝は厳しいかと思っていたので、とても嬉しい。仲間と協力しながら、広島県大会に出場したみんなの分まで東京で優勝目指して精一杯頑張りたい」と力強いコメントを頂きました。スポGOMI甲子園全国大会は12月6日(月)東京にて開催予定です。



<団体概要>
団体名称:一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーション
URL:https://www.spogomi.or.jp/
活動内容:スポGOMI甲子園に関するイベントの開催、及び運営に必要な業務。

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【広島】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP