山陽新聞デジタル|さんデジ

「大型サイド」内水氾濫対応 遅れる備え、労力に二の足 識者「国が主体的関与を」

 危険な内水氾濫への自治体による対応の遅れが浮き彫りになった。浸水想定区域図の作成が進まない背景は、労力の大きさや技術的な難しさに二の足を踏んでいるからだ。備えのない地域が被害を受ける中で、区域図を活...

プライムニュース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP