山陽新聞デジタル|さんデジ

再エネ電気の安定供給を目指し、島根県企業局の水力発電所10ヵ所の電気を落札

再エネ電気の安定供給を目指し、島根県企業局の水力発電所10ヵ所の電気を落札
ゼロワットパワー
ゼロワットパワー株式会社(所在地:千葉県柏市、代表:佐藤和彦、以下「ゼロワットパワー」)は、島根県企業局(所在地:島根県松江市殿町8番地)が入札を実施した「飯梨川第一発電所他水力発電所9ヵ所の売電」(以下本案件)の水力発電所10ヵ所の電気を落札しました。2022年12月1日よりFIT特定卸供給による電気購入を開始予定です。安定供給を目指しつつ、購入した電力は再エネ電源のニーズに応え、電源特定型の電力販売も視野に供給する予定です。




本案件で落札した電気を発電する発電所写真一例(左:飯梨川第一発電所、右:八戸川第一発電所)

島根県企業局は地方公営企業として、電気・水道・工水・宅地造成という4つの事業を通じて、県民のみなさまの生活の向上と地域の発展に貢献しています。そのうち、電気事業においては再生可能エネルギー(以下「再エネ」)を用いた発電を行うなど地球環境に配慮した取り組みを行っています。

ゼロワットパワーは再エネ由来の電力をお客様へ提供するサービスを行っている小売電気事業者です。水力発電所や太陽光発電所、バイオマス発電所などの再エネ発電所からの電力を中心に、環境負荷の低い電力をお客様へ提供しています。

昨今の価格高騰や、気候変動の影響など、エネルギー問題が身近になっています。再エネを普及することで、エネルギー問題への解消に一役買えると思います。再エネを中心として扱う弊社が積極的に再エネ電気の買い取り、安定供給を目指しつつ、再エネ電気を広めたいと思っていますので、今回の入札に参加をしました。購入予定電力は約一般家庭2万1千世帯分の年間消費電力に相当する見込みです。(環境省統計データによると1世帯が1年間に消費したエネルギーのうち、電気の全国平均は4,322kWh)

【本案件対象となる発電所】


【購入予定期間】
2022年12月1日0時から2024年3月31日24時まで
*八戸川第一発電所2号機は現在修理中のため、復旧後に購入する予定です。

島根県企業局の水力発電所の詳細は下記リンクにて、ご確認できます。
https://www.pref.shimane.lg.jp/infra/energy/energy/denki_jigyo/suiryoku/

島根県企業局の公式PRサイトはこちらです。
https://pr.eb-shimane.jp/

ゼロワットパワーは2020年にRE100に対応する再エネ電力プランを作成し、官公庁を中心に、年々契約を伸ばしております。今年度以降も、再エネ電力への切り替えを検討されているお客様は増加傾向であり、「東北の発電所からの電力」や「同じ県内で作った電力」が欲しいなど電源を特定した電力供給のニーズも生まれています。今回落札した島根県企業局の電源も電源特定型の電力販売を考えております。


再生可能エネルギーを主力電源とする小売電気事業者。2015年設立。電力供給以外に、廃食油を活用したバイオマス発電所の普及についても積極的に取り組んでいる。

本社所在地:〒277-0871 千葉県柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパスKOIL
事業内容:小売電気事業、電源開発事業、燃料調達事業
URL: https://zerowattpower.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【島根】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP