山陽新聞デジタル|さんデジ

山陰地区で地域密着サービス業を展開する流通が、本社隣接地にオフィス棟を新設

山陰地区で地域密着サービス業を展開する流通が、本社隣接地にオフィス棟を新設
流通株式会社
~お客様や地域社会のニーズにあわせ、柔軟に変化・対応できる設計に~

流通株式会社(本社:鳥取県倉吉市、代表取締役:江原 剛、以下当社)は、2022年10月1日、本社部門・倉吉店の新たな拠点として、本社の隣接地にオフィス棟を新設しました。


 流通株式会社(本社:鳥取県倉吉市、代表取締役:江原 剛、以下当社)は、2022年10月1日、本社部門・倉吉店の新たな拠点として、本社の隣接地にオフィス棟を新設しました。

 当社は、鳥取県・島根県で地域密着サービス企業として運送業や人材サービスで事業を展開しています。昭和52年の創立以来、本社所在地の旧事務所で執務を行っており、今回オフィスを新設した場所は、当社イベント事業の備品を収納する倉庫として使っていました。
旧事務所の老朽化に加え、コロナ禍でイベント事業が減り、その反面リモートで商談を行う業務が増加したため、Web会議にも対応したオフィス棟を新設しました。
以上

流通のオフィス棟について




1.新事業に対応したリモート環境を整備
ここ数年、リモートでの商談や打ち合わせが増えました。よって、1人~大人数まで対応できる会議室を用意しました。
具体的には、1人用Web会議用ブース:2室、数人用Web会議用ブース:2室、応対スペース:2室、会議室:3室です。Web会議用ブースには全て防音を施し、モニターも設置しています。
今後Web会議は同時にいくつも進行することが予想されます。部屋だけでなく、Web環境、無線環境も強化しました。特にWi-Fi環境については、ビジネス用とプライベート用を完全に分離することで、業務で使用する無線環境のセキュリティをかなり強化させました。
 
2.新しい働き方に対応
事業の進捗状況に合わせて、集合・離散しやすいフリーアドレス制を採用し、フリーアドレス用のツールも多数導入しました。
具体的には、社員全員にノートPCを配布し、個人のスペースは「個人用ロッカー」のみにしました。電話も固定電話だったビジネスホンをモバイルの専用子機に変更。誰がどこにいても電話の受け答えができる環境を作りました。

3.仕事のオン/オフ切り替えができる職場環境
旧オフィスは食堂が会議室も兼ねていたので、会議が長引くと昼食が食堂で食べられないことが多々ありました。そのことを反省し、今回は食堂スペースを優先して作りました。
休憩スペースは、当社独自のスタイルを専門会社にデザインしてもらいました。具体的には、休憩スペースの一部をパーテーションで区切ることで、オープンな空間でリラックスできるようにしています。

創業以来、当社のサービスは大きく変わり、古い事務所では、出来ないことが増えました。新オフィスは、今の業務形態にあわせ、また柔軟性も持たせた設計にしています。
当社は、地域密着サービス業であり、これからも地域のニーズに合わせて自分たちのサービスそして、仕事のやり方を柔軟かつスピーディに変化させていきます。

■流通株式会社の概要
本社:鳥取県倉吉市巌城997-3
設立:1977年7月
代表者:代表取締役 江原 剛
従業員:113名 2022年9月30日現在
外部委託しているワーカー 宮城から沖縄まで13人
事業内容:地域密着サービス業として、運送事業、バス事業、イベント事業、人材サービス
【関連URL】
・当社総合Webサイト
https://ryu-tsu.jp/

・人材サービス事業
鳥取・島根求人ドットコム
 https://tottori-shimane-kyujin.com/
じょぶる鳥取
 https://be-win.co.jp/tottori

・流通バス
 https://bus.ryu-tsu.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【鳥取】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP